Advertisement

【皐月賞/データ攻略】人気盲点に「2.0.1.0」 ダービーで“馬券内鉄板級”の逸材が一冠目奪取へ

【皐月賞/データ攻略】人気盲点に「2.0.1.0」 ダービーで“馬券内鉄板級”の逸材が一冠目奪取へ

今週は中山競馬場で皐月賞(芝2000m)が行われる。昨年はソールオリエンスが無敗の皐月賞馬に輝いた一戦。今年も同馬に続けとばかりに複数の無敗馬がクラシック一冠目に挑む。

ここでは、過去10年からジャスティンミラノサンライズアースにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【皐月賞2024予想/追い切り診断】ジャスティンミラノを超える「S」評価 「非の打ちどころなし」 センスと脚力で秀でた“大器”に太鼓判

■ジャスティンミラノに「2.0.1.0」好走データ該当

新馬戦後に臨んだ一戦でGI馬ジャンタルマンタルを下した前走共同通信杯。上がり3F32秒6と、東京向きの瞬発力を存分に発揮したのがジャスティンミラノだ。ドゥラメンテやエフフォーリア、ジオグリフなど数多くの勝ち馬を輩出する共同通信杯組。その傾向はデータにも表れている。

・共同通信杯を上がり3F33秒前半以内で勝利【2.0.1.0】

この条件での馬券内率は100%。イスラボニータやエフフォーリアが勝利を収め、ダノンキングリーも3着。前述3頭は皐月賞のみならず日本ダービーと馬券内を確保していたことから”出世データ”の表現が大げさではない。

本レースに3頭が出走し、桜花賞ではライトバックが7番人気3着と躍進が目立つキズナ産駒。その大将格と言えるジャスティンミラノにかかる期待は大きなものとなりそうだ。出世ラップを武器に挑むクラシック初戦。操縦性の高さは折り紙つきで、混戦ムードを断ち切るのはこの馬かもしれない。

■サンライズアースに【0.0.0.9】の鬼門データ

その一方で、同じ2戦2勝馬のサンライズアースは不安材料ありと言わざるを得ない。レース史上2位の勝ち時計で制した前走すみれS。レイデオロの初年度産駒として臨むクラシック戦線だが、ローテーションが好走へのハードルを引き上げる。

Advertisement


・前走すみれS勝ち馬【0.0.0.9】

9頭すべて馬券外と、見るも無残な結果に。このなかには皐月賞で3番人気だったキタノコマンドールやのちの菊花賞2着馬クリンチャー、サトノルークスもいたが、ことごとく凡走を喫した“0%”データだ。

サンライズアースの前走を振り返ると、10頭立てで道中9番手から一気のマクリ戦法。フルゲート18頭において再現性が高い戦法とは言えないだろう。好天が予想される週末中山は高速馬場が濃厚。菊花賞でこそ、と思えるタイプだけに大舞台で狙うのは秋以降になるのかもしれない。

皐月賞2024 予想コラム一覧

馬券攻略

【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 人気上位馬の追い切り評価『S』と『B』で真っ二つ お役立ち馬券攻略ガイド

【まとめ】芸能人・予想家の「皐月賞2024」本命・注目馬予想まとめ

【まとめ】「皐月賞2024」大口投票パトロール シンエンペラーの複勝に“320万円”か 土曜午前から大口ラッシュ

【高配当メソッド】2017年は1人気の牝馬凡走で3連単“100万馬券”の特大ホームラン 桜花賞よりも波乱含み

Advertisement


追い切り評価

【追い切り診断】ジャスティンミラノを超える「S」評価 「非の打ちどころなし」 センスと脚力で秀でた“大器”に太鼓判

【追い切り診断】レガレイラに迫る“想定8人気前後”に「A」評価 弱点改善でGI舞台も勝ち負けムード

【追い切り診断】前哨戦Vの素質馬にまさかの辛口「B」評価 先を見据えた稽古に「ここで躓く危険性もはらんでいる」

データ分析・過去傾向

【データ攻略】レガレイラとシンエンペラーの「75 or 0%」 ホープフルS上位2頭の評価が真っ二つ

【全頭診断】馬券妙味は「2.1.0.0」の想定10人気以下 牝馬レガレイラの評価は

【枠順傾向】ジャンタルマンタルは「馬券内率54.5%」の好枠 フルゲートなら外めの枠に“妙味”アリ

【血統予想】想定10人気以下に単勝回収値「180」 名門厩舎の良血馬に”高配当の使者”への期待

【前走ローテ】共同通信杯組が中心も、過去「106万馬券」演出の“単回収値320”該当馬が狙い目か

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「爆発力は世代屈指、エンジン全開なら人気馬ぶっこ抜きも」 想定“6人気”前後の刺客

【穴馬アナライズ】「実績と人気が釣り合っていない感あり、スムーズなら上位進出も」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴馬アナライズ】「良馬場でさらにパフォーマンス上昇の可能性も、この人気なら押さえたい」 単勝オッズ“30倍台”で妙味たっぷり

シックスペンス回避に“ニヤリ”の陣営とは 「想定10人気以下でも押さえるべき」爆穴候補が波乱の使者に

【危険な人気馬】前走快勝の有力馬は“消し” 馬券内率「7割→1割未満」へダウンの大誤算

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。