Advertisement

【MLB】「ショウヘイの162試合」大谷翔平、打者専念で50本塁打超えにトリプルスリーも視界? 米データサイトが注目スタッツ紹介

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「ショウヘイの162試合」大谷翔平、打者専念で50本塁打超えにトリプルスリーも視界? 米データサイトが注目スタッツ紹介
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのメッツ戦に「2番DH」で先発出場し、3回の第2打席で今季5号2ランを放った。これで松井秀喜氏と並んでいた日本人最多本塁打記録を更新した。

◆「オオタニを外してはいけない」大谷翔平、公式のMVP予想でベッツに次ぐ2位 懸念は打者専念か「選ばれない唯一の理由」

■怪我無く稼働がカギ握るか

大谷はこの日、3打数2安打1四球2打点の活躍。試合を終えた段階での打率は.368は両リーグトップとなっていた。

米データサイト『Codify』のX(旧ツイッター)が「ショウヘイ・オオタニの過去162試合」とつづり成績を紹介。

大谷はエンゼルスに在籍の昨年からドジャースに移籍した今年にかけての162試合で打率.311、49本塁打、109打点、出塁率は.413、長打率.647、104四球で盗塁は25個となっている。

打者専念となっている今季大谷が怪我無く稼働し昨年同様の活躍を続ければ、昨季を上回る本塁打や打撃タイトル、トリプルスリーも視界を帯びてくる。はたして、2024年の大谷がどのような活躍で観るものを驚かせるのか。

◆大谷翔平と松井秀喜の“決定的違い” 「53/85」…長距離砲で異なる分布図

◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

◆大谷翔平の「完璧すぎる」特大5号に、相手右翼手も“確信”……正面向いたまま動かず「目で追いもしない」

Advertisement