Advertisement

【MLB】「オオタニを外してはいけない」大谷翔平、公式のMVP予想でベッツに次ぐ2位 懸念は打者専念か「選ばれない唯一の理由」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「オオタニを外してはいけない」大谷翔平、公式のMVP予想でベッツに次ぐ2位 懸念は打者専念か「選ばれない唯一の理由」
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は今季ここまで24試合に出場し、打率.368、5本塁打、13打点、OPS1.094、5盗塁など各部門で好記録を残し、移籍1年目からチームを支えている。

◆【速報/動画アリ】大谷翔平、2戦連発“191キロ”特大6号アーチ 敵地ワシントンで初の一発「今季打球速度最速」

■アクーニャJr.もランクイン

MLB公式は「2024年の第1回のMVP投票で、2人の明らかな最有力候補が判明」と題した記事を掲載。両リーグの現時点でのMVP候補を発表している。

ナ・リーグで1位に輝いたのがムーキー・ベッツ内野手。大谷とともに強力な上位打線を形成するドジャースのリードオフマンに対し、「bWAR (2.2)、出塁率 (.469)、OPS (1.103)、打率 (.355) など、多くの主要なカテゴリーで、MLB全体のトップ、またはそれに近い成績を残している」と言及。「MVP受賞者が揃うドジャース打線のなかでも、ベッツは2024年のこれまでで抜きんでた成績である」と評している。

大谷は2位にランクインし、「MVPの論争でオオタニのことを決して外してはいけない」と、この争いには欠かせない存在だと評価。「オオタニはフィールドにいる時はいつでも必見の、エンターテインメントであり続けている」と各スタッツを紹介しながら高い評価を下している。

一方で、大谷が今季投手として登板しないことにも触れており、「彼がMVP候補(筆頭)に選ばれない唯一の理由は、彼が今シーズン投げていないからだ」と述べ、「たとえ平均的なシーズンの登板だったとしても、過去4シーズンで3度目のMVP受賞はほぼ間違いない」と断言している。

なお、3位には昨年の受賞者、ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)がランクインしており、熾烈なMVP争いが展開されると予想している。はたして、大谷はリーグをまたいでの2年連続3度目のMVPに向けてまい進できるのか。

◆【動画アリ】「これがロケットだ!」大谷翔平、今季最速191キロ弾に米データ社も驚愕 1位、2位を独占の圧巻スタッツ

◆【動画アリ】「みんなの笑顔が眩しい……」大谷翔平、“ニッコニコ”の特大6号にファン熱狂 監督や同僚らにも連鎖か「すべての人を笑顔にする」

Advertisement


◆大谷翔平、特大の191キロ6号で「監督の記録を破るだろう」 公式記者反応、指揮官の“ド軍日本出身最多”まであと「1」