Advertisement

【MLB】大谷翔平、強烈“170キロ”タイムリー二塁打でマルチ安打 米メディア「この男はどうかしている」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、強烈“170キロ”タイムリー二塁打でマルチ安打 米メディア「この男はどうかしている」
第5打席で適時二塁打を放った、ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地でのナショナルズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席で右中間を破る二塁打を放ち、9試合連続安打。8回表の第5打席には適時二塁打で、2試合ぶりのマルチ安打を記録した。

◆【実際の動画】「いつもと微妙に違う…?」大谷翔平が塁上で可愛い新パフォーマンス、第5打席“170キロ”タイムリー二塁打でマルチ安打

■メジャートップ13本目の二塁打

前日の試合では、今季メジャー最速の打球速度118.7 マイル(約191キロ)を計測する6号本塁打を放った大谷。この日も序盤から打撃好調、二本の強烈な二塁打でドジャース打線を後押しした。

ドジャース5点リードの8回表、1死三塁で迎えた大谷の第5打席。相手4番手タナー・レイニー投手の4球目フォーシームを鋭く振り抜くと、打球は速度105.7マイル(約170.1キロ)で右中間を破り、あっという間に右翼フェンスへ。大谷は快足を飛ばして悠々と二塁へ到達。塁上ではいつもと微妙に違うお茶目なパフォーマンスを披露し、ベンチに向かって笑顔を見せた。これで3試合連続打点、2試合ぶりのマルチ安打となった。

地元メディア『Dodgers Nation』公式Xは「ショウヘイ・オオタニのツーベース!この男はどうかしている。複数選手が活躍すると安打数が桁違いだ」と、ドジャース打線の猛攻に興奮を隠しきれない様子だった。

大谷はここまで5打数2安打で、打率はリーグトップの.365。試合は8回を終わり、打線好調のドジャースが8-2で大きくリードしている。

◆【速報/第6打席】“二塁打3発”大谷翔平、今季4度目猛打賞でメジャートップ「打率.371」 ドジャース20安打の猛攻で大勝

◆【実際の動画】「いつもと微妙に違う…?」大谷翔平が塁上で可愛い新パフォーマンス、第5打席“170キロ”タイムリー二塁打でマルチ安打

◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

Advertisement