Advertisement

【天皇賞春】長距離で“ルメール級”のGI未勝利騎手 「馬券内率64.3%」でドゥレッツァ斬りも視野に

【天皇賞春】長距離で“ルメール級”のGI未勝利騎手 「馬券内率64.3%」でドゥレッツァ斬りも視野に

28日、京都競馬場で天皇賞・春(GI、芝3200m)が行われる。

破竹の5連勝で菊花賞を制したドゥレッツァ(牡4、美浦・尾関知人厩舎)、同レース2着かつダービー馬のタスティエーラ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)、重賞連勝と復活を遂げたテーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)の戦前評価が高く、3強を形成している印象だ。

◆【天皇賞春2024予想/全頭診断】人気一角4歳馬に“100%”データ発動 「5.0.2.0」の想定6人気以下も波乱へ虎視眈々

■今年は“2大巨頭”が不在

過去の天皇賞・春をみても、3強決着の年は珍しくない。無茶な穴狙いは禁物、と言いたいところだが前述3頭を紐解くと、世代レベルが疑問視されている4歳馬2頭に昨年12月から3000m超を3戦連続で使われている6歳馬。盤石と呼ぶには少々心もとない部分もある。

加えて今年は怪我で戦線離脱中のC.ルメール騎手、香港遠征の川田将雅騎手という“2大巨頭”が不在。昨年のJRA・平地GI全24レース中12レースを制した両名がいない影響は計り知れないだろう。にわかに漂う波乱の香り……そこで浮上するのが鮫島克駿騎手(27、栗東・フリー)だ。

■長距離巧者の鮫島克駿

今年10年目を迎えた同騎手は現在、リーディング4位の41勝。昨年を上回るスピードで勝ち星を量産している。特筆すべきは長距離の成績で、2024年における芝2400m超の成績は【6.3.0.5】馬券内率64.3%。C.ルメール騎手の【2.2.0.2】馬券内率66.7%に匹敵する数字は素晴らしいの一言に尽きる。

チャックネイト(セ6、美浦・堀宣行厩舎)と鮫島克駿騎手は今回が初コンビ。乗り替わりに対する不安の声も囁かれているが、今年の日経賞をシュトルーヴェで制した騎手×厩舎の組み合わせである事実は見逃せない。そして当時は芝2500mの長距離戦でもあった。

石橋脩&ビートブラック、横山和生&タイトルホルダーなど騎手の初GI制覇の歴史を持つ天皇賞・春。当日は単勝オッズ10倍超えが予想されるチャックネイトだが、長距離を得意とする騎手替わりで穴妙味ある1頭と捉えられそうだ。

Advertisement


天皇賞・春2024 予想コラム一覧

特集

【特集】お役立ち馬券攻略ガイド/出走予定・枠順、予想オッズetc. 人気上位馬は追い切り評価明暗

【まとめ】芸能人・予想家の「天皇賞・春」本命・注目馬予想一覧

【まとめ】「天皇賞・春大口投票パトロール テーオーロイヤルの単勝に190万円か “4歳世代”も100万超で追撃

【高配当メソッド】3連単20万馬券など「波乱の立役者」は高齢馬 馬券は勝率50%のテーオーロイヤルからが“買い”

追い切り評価

【追い切り診断】最高評価「S」はテーオーロイヤルかドゥレッツァか 体調面を考慮した「パターン変更」が吉と出る

【追い切り診断】ドゥレッツァに迫る高評価は想定“10人気”以下の穴馬 「目下最高潮のデキ」で激走警報

【追い切り診断】辛口評価「B」に“名手鞍上”の人気馬が抵触 精神的に乗り切れない「何か」が……

Advertisement


データ分析・過去傾向

【データ攻略】前走重賞2着馬2頭に“ヤバすぎる明暗” 「枠関係なく消し」が浮上してしまう人気一角は

【データ攻略】タスティエーラに“連対率80%” 内枠の穴人気候補には「0.0.0.27」の即消し級浮上

【全頭診断】人気一角4歳馬に“100%”データ発動 「5.0.2.0」の想定6人気以下も波乱へ虎視眈々

【枠順傾向】サリエラ騎乗の武豊は内枠なら「6.2.0.1」連対率88%の“鉄板級”

【血統展望】ドゥレッツァに立ちはだかる“馬券内率0%”の壁 想定5人気以下に絶好の狙い時

【前走ローテ】阪神大賞典勝ちのテーオーロイヤルに「馬券内率77%」 データブレイクはサリエラか

穴馬予想・その他コラム

【危険な人気馬】“消し”はドゥレッツァかテーオーロイヤルか、前例なきローテと勝率わずか2.0%の血統背景

(SPREAD編集部)