Advertisement

【天皇賞春/穴ライズ】「波乱に高齢馬激走の歴史あり、相手に押さえるべき1頭」 前日“8人気”前後の伏兵

【天皇賞春/穴ライズ】「波乱に高齢馬激走の歴史あり、相手に押さえるべき1頭」 前日“8人気”前後の伏兵

■シルヴァーソニック

昨年の天皇賞春3着以来、約10カ月ぶりとなった前走の阪神大賞典は、直線でピリッとした脚が使えず11着に敗れたシルヴァーソニック。さすがに長期休養の影響が大きく、最後まで息が持たなかった。本調子になかった前走は度外視していい。

◆【天皇賞春2024予想/穴馬アナライズvol.1】「実績馬がここにきて復調気配、昨年を超える結果も」 想定“10人気”以下の爆穴

3着に好走した2走前の天皇賞春は、大外18番枠からの発走。スタートが遅く後方からの競馬となったが、道中は折り合い重視でリズムよく進み、2周目の坂の下りで勢いをつけると、直線では外から鋭く追い込んできていた。前が止まらず銅メダル止まりとなったものの、フラットな流れならもっと際どかったはずだ。

今回は5枠9番と昨年より条件は好転。さらに叩き2戦目は【2.0.4.1】と好走歴が多数あるように、狙うなら今回だろう。過去にはカレンミロティックなど高齢馬激走の歴史を持つレースでもあり、相手に押さえておきたい1頭だ。

天皇賞・春2024 予想コラム一覧

特集

【特集】お役立ち馬券攻略ガイド/出走予定・枠順、予想オッズetc. 人気上位馬は追い切り評価明暗

【まとめ】芸能人・予想家の「天皇賞・春」本命・注目馬予想一覧

【まとめ】「天皇賞・春大口投票パトロール テーオーロイヤルの単勝に190万円か “4歳世代”も100万超で追撃

【高配当メソッド】3連単20万馬券など「波乱の立役者」は高齢馬 馬券は勝率50%のテーオーロイヤルからが“買い”

Advertisement


追い切り評価

【追い切り診断】ドゥレッツァに迫る高評価は想定“10人気”以下の穴馬 「目下最高潮のデキ」で激走警報

【追い切り診断】辛口評価「B」に“名手鞍上”の人気馬が抵触 精神的に乗り切れない「何か」が……

データ分析・過去傾向

【データ攻略】前走重賞2着馬2頭に“ヤバすぎる明暗” 「枠関係なく消し」が浮上してしまう人気一角は

【データ攻略】タスティエーラに“連対率80%” 内枠の穴人気候補には「0.0.0.27」の即消し級浮上

【全頭診断】人気一角4歳馬に“100%”データ発動 「5.0.2.0」の想定6人気以下も波乱へ虎視眈々

【枠順傾向】サリエラ騎乗の武豊は内枠なら「6.2.0.1」連対率88%の“鉄板級”

【血統展望】ドゥレッツァに立ちはだかる“馬券内率0%”の壁 想定5人気以下に絶好の狙い時

Advertisement


【前走ローテ】阪神大賞典勝ちのテーオーロイヤルに「馬券内率77%」 データブレイクはサリエラか

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「実績馬がここにきて復調気配、昨年を超える結果も」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴馬アナライズ】「無尽蔵のスタミナは世代屈指、ガラリ一変を警戒」 想定オッズ“50倍台前後”の穴馬

長距離で“ルメール級”のGI未勝利騎手 「馬券内率64.3%」でドゥレッツァ斬りも視野に

【危険な人気馬】“消し”はドゥレッツァかテーオーロイヤルか、前例なきローテと勝率わずか2.0%の血統背景

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。