Advertisement

【MLB】大谷翔平移籍のエ軍が9戦8敗のドロ沼状態…… トラウトは10本塁打も打点は「13」現地記者も沈痛「ひどい試合」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平移籍のエ軍が9戦8敗のドロ沼状態…… トラウトは10本塁打も打点は「13」現地記者も沈痛「ひどい試合」
エンゼルスのマイク・トラウト(C)Getty Images

エンゼルスは27日(日本時間28日)、本拠地エンゼルスタジアムでツインズと対戦。5-16で敗れ、3連敗を喫した。

◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

■4月上旬は4連勝も…

6年間在籍し、チームの顔として奔走した大谷翔平投手がフリーエージェント(FA)でドジャースに移籍。正念場のシーズンを迎えているエンゼルスだが、4月の後半に“急失速”している。

この日の敗戦で直近9試合で8敗とドロ沼状態。4月上旬は4連勝するなど期待が高まったかに見えたチームの現状に、米スポーツ専門メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者は自身のX(旧ツイッター)に「エンゼルスにとってはひどい試合だった」と言及している。

エンゼルスはマイク・トラウト外野手がア・リーグトップの10本塁打を放っているものの、打率は.223、打点がわずかに13と最大の得点源が機能せずにいる。大谷が抜けてさらに苦しい状況に陥るチームはドロ沼状態を抜け出すことができるのか。

Advertisement


◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

◆【画像アリ】「ただの空想的なフライト」大谷翔平、未遂に終わった因縁のトロント行き“誤報ボード”出現 ド軍メディア注目

◆トラウトMLBトップ10号到達もソロ→ソロ→ソロ→ソロ…の珍現象 驚異の64発ペースも打点は13

Advertisement


おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement