Advertisement

【MLB】大谷翔平「2番DH」スタメン 自身“4月最多”に並ぶ8号アーチなるか、昨季世界一貢献の技巧派左腕と対決

【MLB】大谷翔平「2番DH」スタメン 自身“4月最多”に並ぶ8号アーチなるか、昨季世界一貢献の技巧派左腕と対決
ドジャースの大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は30日(日本時間5月1日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に「2番DH」で先発出場する。前日の試合では、4打数2安打1打点1四球でチームの勝利に貢献。5試合ぶりのマルチ安打を記録した。

◆「162試合で数字は戻る」大谷翔平、不調の“得点圏”でダメ押し打 米メディアが静観求める「ショウヘイはショウヘイだ」

■ドジャース中軸は軒並み苦手に

相手先発ジョーダン・モンゴメリー投手は、昨季途中にカージナルスからレンジャーズへ移籍した31歳の左腕。2チームで計32試合に先発し10勝11敗、防御率3.20の好成績を残した。プレーオフでも3勝を挙げる活躍で、レンジャーズの世界一に大きく貢献。投球の42.6%がシンカーで、右打者には外へ逃げるチェンジアップ、左打者には被打率.191のカーブを駆使して打ち取る。制球力に優れ、長いイニングを投げられる的を絞らせない技巧派タイプだ。

大谷はモンゴメリーと通算6打席対戦し、6打数2安打。右翼線の二塁打と、内野安打を1本ずつ記録している。ドジャースの中軸では、ムーキー・ベッツ内野手が打率.214(14打数3安打)、フレディ・フリーマン内野手は.111(9打数1安打)、テオスカー・ヘルナンデス外野手も.095(21打数2安打)と相性はいずれも今ひとつ。

同地区ライバルに先勝して迎える、3連戦の第2戦。大谷は自身の4月最多本塁打に並ぶ、今季8号アーチでチームの勝利を引き寄せるか。

◆「言葉の壁はない」大谷翔平、ド軍同僚ヘルナンデスとの“ほほえましい関係性”を現地メディアが報道 「すっかり親友になった」

◆衝撃の40HR&100盗塁ペース「とんでもない」 レッズの22歳デラクルーズが大谷翔平の“新ライバル”

◆「お〜いオオタニサン!」伊藤園から大谷翔平へエール 止まらない日本企業のスポンサー契約

試合情報

ダイヤモンドバックス-ドジャース
試合開始:日本時間5月1日(水)10時40分
中継情報:NHK BS1/サブch102、J SPORTS 3、ABEMA、MLB.tv ※一部有料

Advertisement