Advertisement

【NHKマイルC/データ攻略】人気一角の牝馬に「0.1.0.5」 東京替わりでの連続好走が難しい“3つの理由”

【NHKマイルC/データ攻略】人気一角の牝馬に「0.1.0.5」 東京替わりでの連続好走が難しい“3つの理由”

今週は東京競馬場でNHKマイルC(芝1600m)が行われる。過去にはエルコンドルパサー、クロフネ、キングカメハメハと日本競馬史を変えたといっても過言ではない名馬が勝利。GI馬2頭が参戦する今年は例年以上にハイレベルな戦いが予想される。

ここでは、過去10年からアスコリピチェーノボンドガールにフォーカスしたデータを取り上げる。

【まとめ】芸能人・予想家の「NHKマイルC」本命・注目馬予想まとめ GI連勝中!気になる本命◎は?

■アスコリピチェーノの追い風となる「2.1.1.1」

GIウイナーの称号を引っ提げて臨むアスコリピチェーノ。休み明けの前走桜花賞はステレンボッシュの後塵を拝したものの、積み重ねた実績から上位人気が予想される1頭だ。この馬自身もっとも間隔が詰まったローテーションなどわずかな不安も囁かれるが、そんな声を払拭するデータがこちら。

・GIで馬券内歴があるダイワメジャー産駒【2.1.1.1】

5頭中4頭が馬券内と、この条件での馬券内率は80%。唯一の馬券外もセリフォスの4着と、掲示板は確実と言えるデータを示している。ダイワメジャー産駒と好相性の本レース×GI実績の掛け算で生まれた“鉄板級データ”だ。

アスコリピチェーノについて補足すると、今回は久々にC.ルメール騎手に手綱が戻ることとなった。怪我明けのレースゆえ実戦勘など未知な部分はあるが、東京マイルGIを何度も制しているジョッキーの経験値は何物にも代えがたいものだ。競馬場・枠順・展開問わず大崩れのない安定感と血の力を背にGIタイトルの上積みを目論む。

■ボンドガールに立ちはだかる【0.1.0.5】

アスコリピチェーノとは対照的に“0%データ”に該当してしまったのがボンドガールだ。デビュー時から注目を集めていた馬で、新馬戦で下した馬にはのちの重賞好走馬がズラリと並ぶ。セレクトセールで2億円超えの取引額だったことも含めて目が離せない1頭となっているが、今回記すデータは以下のとおり。

Advertisement


・前走ニュージーランドTから臨む牝馬【0.1.0.5】

勝ち馬ゼロの“0%データ”に抵触。昨年はウンブライルが2着に入ったものの、勝利に手が届くことはなかった。過去10年のNHKマイルC×前走ニュージーランドTから臨む牝馬の相性は決して強調できるものではない。

エコロブルームの回避により、この馬がニュージーランドT組の大将格。当時を振り返ると道中で先行した馬と内枠を引いた馬が上位を独占しており、そのふたつに該当したボンドガールはかなり恵まれた印象を受ける。目下7年連続で馬番2桁番が勝利中の本レース。前述のデータに馬番、過去10年の馬券内馬30頭中21頭が差し追込馬と切れる馬に分があるレース傾向と、3つのマイナス材料がのしかかるなかでの連続好走は至難の業と言えるのかもしれない。

NHKマイルカップ2024 予想コラム一覧

特集

【特集】お役立ち馬券攻略ガイド 出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc.

【まとめ】芸能人・予想家の「NHKマイルC」本命・注目馬予想まとめ GI連勝中!気になる本命◎は?

【まとめ】「NHKマイルC」大口投票・異常オッズパトロール アスコリピチェーノの複勝に100万円か

【高配当メソッド】上位人気総崩れじゃないのに“3連単150万円” 超特大馬券のカギは追い込み馬

Advertisement


追い切り評価

【追い切り診断】最高評価「S」はジャンタルマンタルかアスコリピチェーノか 「勝ち負け必至」反動どころか上昇ムード

【追い切り診断】東京マイル実績ありの期待馬は「B」の辛口評価 乗り込み量は十分も「坂の途中で苦しく……」

【追い切り診断】アスコリピチェーノに迫る高評価は想定“10人気”の盲点 「大仕事」へ向け、よりブラッシュアップ

データ分析・過去傾向

【枠順傾向】2強が「4.2.3.2」該当も、一方に複勝率6.7%の側面 穴妙味は“想定10人気以下”の内枠勢

【データ攻略】GI勝ちの人気一角に「2.1.0.0」 “馬券内率100%”条件発動で穴党もギブアップか

【全頭診断】“13戦連続馬券内”のモンスター騎手が虎視眈々 GI馬2頭はデータ面で盤石

【血統展望】ジャンタルマンタルに懸念材料 最適解は「連対率60.0%」当レース“御用達”の種牡馬

【前走ローテ】勝率トップの皐月賞組が中心も、ディスペランツァ該当のよく見ると侮れない「2.0.0.3」の価値

穴馬予想・その他コラム

【穴ライズ】「名門厩舎が送り出す逸材候補、この人気なら狙って損はない」 前日“6人気”前後の伏兵

【穴ライズ】「前走はノーチャンスの競馬、着順だけで判断すると痛い目に遭う」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴ライズ】「ようやく巡り合ったベストパートナー、激流でチャンス到来」 想定オッズ“30倍台前後”の妙味

【危険な人気馬】トライアル好走馬を“消し” 経験値で劣る「1.0.2.27」該当馬が過剰人気か

「ジャンタルマンタルvs.アスコリピチェーノ」史上初となる最優秀2歳牡馬・牝馬対決 好データ続々該当で上位に取りたいのは……

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。