Advertisement

【ヴィクトリアマイル/前走ローテ】阪神牝馬S組「最多4勝」も疑問 “条件付き”で狙うなら「複勝回収値458」のローカル組

【ヴィクトリアマイル/前走ローテ】阪神牝馬S組「最多4勝」も疑問 “条件付き”で狙うなら「複勝回収値458」のローカル組
[過去10年]ヴィクトリアマイル2024の前走ローテ

12日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)の過去10年のデータを紹介する。

海外GⅠ帰りのナミュールや、前走阪神牝馬Sを制したマスクトディーヴァに、同じく阪神牝馬Sで2着だったウンブライル、前走中山牝馬Sを勝利したコンクシェルらが出走予定。

ここでは過去10年のデータから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【ヴィクトリアマイル2024予想/データ攻略】2強の1頭に「4.1.1.0」で圧勝ムード “半信半疑なら買い一択”の根拠は4走前

■阪神牝馬S組は直近5年に絞ると【0.1.2.30】

前走・阪神牝馬S組は過去10年で、4勝・連対3回・3着4回、と全てが最多。とはいえ、勝率5.9%・連対率10.3%・複勝率16.8%と率で見るとそれほど好相性ではないのがわかる。直近5年間に絞ると【0.1.2.30】とさらに成績は落ち込む。しかもその5年間は阪神牝馬Sの上位入着馬のほとんど(1・2着馬が5頭ずつ、3着馬が3頭)が出走しているにも関わらずである。上位人気が予想されるマスクトディーヴァ、ウンブライル、モリアーナはもちろん、阪神牝馬S組は全頭疑ってかかるべきデータだ。

阪神牝馬S【4.3.4.57】
大阪杯【1.1.2.3】
中山牝馬S【1.1.0.11】
高松宮記念【1.0.3.16】
1351ターフ【1.0.0.1】
有馬記念【1.0.0.0】
フェブラリーS【1.0.0.0】
福島牝馬S【0.1.1.20】
東京新聞杯【0.1.0.2】
京都牝馬S【0.1.0.5】
ダービー卿CT【0.1.0.4】
マイルCS【0.1.0.0】

一方、過去10年で比較的相性が良いのは前走・大阪杯組。出走数は6頭(ショウナンパンドラが2015年8着・16年3着と連続出走)と少ないが、その内の4頭は3着以内に入着。ただ、その4頭は全てそれまでに東京コースでのGI勝利経験があった。今年出走予定のハーパースタニングローズはともにオークス2着の実績があるものの、東京でのGI勝利経験はない。

1番人気が予想されるナミュールはドバイターフからの参戦となるが、過去10年でドバイターフからの出走馬はおらず、データとしては未知数。中5週という間隔は大阪杯と同じだが「海外帰りの中5週」なので、ローテというよりは状態面のチェックに重きを置きたい。

Advertisement


■福島牝馬S組は複勝回収値450超

続いて1勝の前走・中山牝馬S組。今年はこのレースの勝ち馬であるコンクシェルが参戦を予定しているが、中山牝馬S勝ち馬のヴィクトリアマイルの成績は【0.1.0.4】と苦戦傾向。また、ヴィクトリアマイルで好走した2頭は(2019年ノームコア1着・21年ランブリングアレー2着)、どちらも中山牝馬Sで比較的重いハンデ斤量(ともに55kg)を背負っていた。軽斤量53kgで展開の助けもあって勝利した感の強いコンクシェルはデータ面でもパフォーマンス面でも過剰評価は禁物。

逆に中山牝馬Sで9着のフィアスプライドのほうが巻き返すチャンスがありそう。前走は休み明けでトップハンデである斤量56kgを背負った上に、道中不利もあっての9着。適距離でもなかった中で着差0秒4差ならまだまだ見限れない。また、3走前には府中牝馬Sで上がり3F32秒6の末脚を見せ、勝ち馬から0秒1差の4着と東京適性の高さも示し、鞍上は直近10年で騎手最多タイの勝利数【3.1.1.3】を挙げているルメールというのも魅力的。

そして、過去10年で勝ち馬が出ていないものの、複勝回収値は驚異の458をマークするのが前走・福島牝馬S組。このローテから出走するフィールシンパシーは条件戦ながらも東京マイルは【1.1.0.0】と連対率100%。4走前のターコイズSでは、先に挙げたフィアスプライドに0秒2差の2着に肉薄。2015年に福島牝馬S5着からヴィクトリアマイル3着に好走したミナレットのように、先行しての粘り込みが持ち味の馬なので、展開利がありそうな枠順や並びになれば人気薄のヒモ穴として押さえておいても良いだろう。

ヴィクトリアマイル2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「ヴィクトリアマイル」本命・注目馬予想&過去レース振り返り

◆【まとめ】「ヴィクトリアマイル」大口投票パトロール マスクトディーヴァの単勝に240万円 “2桁オッズ”にも複勝110万か

◆【高配当メソッド】JRA重賞最高払い戻しの「3連単2000万馬券」など大荒れGI “馬券内率52%”の中穴に妙味

Advertisement


追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はナミュールかマスクトディーヴァか 自然体で自己ベストに「充実一途」の感

◆【追い切り診断】復調気配の4歳牝馬に辛口評価「B」 反応がチグハグで精神的に「大きなブレ」がある

◆【追い切り診断】マスクトディーヴァに迫る「A」の高評価 弾丸のようなフォームで前走時から数段アップ

データ分析・過去傾向

◆【枠順傾向】勝利を引き寄せる好枠は2~3枠 ナミュールは昨年同様「複勝率10%、回収値15」の鬼門6枠

◆【データ攻略】想定5人気以下に“東京最強のジョーカー”降臨 マスクトディーヴァには「0%」の鬼門出現

◆【データ攻略】2強の1頭に「4.1.1.0」で圧勝ムード “半信半疑なら買い一択”の根拠は4走前

◆【全頭診断】2強の片方に“勝率0%”の壁 穴妙味は「3.0.0.0」条件期待の想定6人気以下

◆【血統展望】想定7人気以下に“2070万馬券の使者”との共通点 「3.0.0.3」で穴候補に名乗り

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「波乱の歴史は繰り返す、穴党が狙うならこのパターンしかない」 単勝オッズ“20倍台”で穴妙味

◆【穴馬アナライズ】「近走だけで見限るのはさすがに早すぎる、ここは買い要素タップリ」 想定“8人気”以下の盲点