高山善廣がプロデューサーに!支援イベント「TAKAYAMANIA EMPIRE II」開催決定

2017年5月4日、高山善廣選手はフリー参戦していたDDTプロレスの豊中大会で試合を行っていた。しかし高山選手はその試合で前方回転エビ固めをかけようとした際、頭からリングに激突。

高山選手はすぐさま病院へと搬送。頚髄完全損傷と診断される。事故から2年が経過した現在でも怪我の後遺症は残り、高山選手の首から下は動かない状態だ。

(c)TAKAYAMANIA実行委員会 (c)(株)高山堂

そんな中、2018年8月31日に第1回イベントとなる「TAKAYAMANIA EMPIRE」が開催された。 これは、怪我からの復帰を目指し、日々懸命にリハビリに励む高山選手を応援するためのイベントだ。

(c)TAKAYAMANIA実行委員会 (c)(株)高山堂

高山選手自身もこのイベントには感銘を受けたよう。辛いリハビリ生活の励みになったことが、同イベントのスタッフより語られている。

(c)TAKAYAMANIA実行委員会 (c)(株)高山堂

「TAKAYAMANIA EMPIRE II」開催決定

第一回の「TAKAYAMANIA EMPIRE」が大好評で幕を閉じたこともあり、2019年も「TAKAYAMANIA EMPIRE II」の開催が決定。

このイベントでは高山選手がプロデューサーとなり、マッチメイクのアイディア出しに携わる選手や観客とともに一つのものを創り上げることが目的だ。

支援者一人ひとりが運営者

「TAKAYAMANIA」は高山選手の支援者による集合体。イベントプロモーションなどを担当する団体ではないため、運営費は0だ。特定の組織が運営を行っていないため、支援者の一人ひとりが運営者という立場になる。

「TAKAYAMANIA EMPIRE II」の支援は、 クラウドファンディングサービス「Makuake」から手続き可能だ

支援額は7000円から選択可能。支援額に応じて「解説席でゲスト解説出来る権」「リングアナウンサー出来る権」「1試合ゴング打鐘権」など、プロレスファンならば一度は体験してみたいリターンも受けられる。

(c)TAKAYAMANIA実行委員会 (c)(株)高山堂

「TAKAYAMANIA EMPIRE II」の収益は、 人件費やグッズ制作費などの必要経費を除くすべてが高山選手の治療費に充てられる

高山選手の治療は高度医療であるため莫大な費用が発生する。ぜひとも多くの支援でイベントを成功させ、高山選手の治療費を支援したいところだ。

鈴木みのるらの支援にも注目

そんな高山選手は、多くのプロレスラーがらも支援を受けている。

新日本プロレスの鈴木みのる選手は、特に高山選手と親交が深いことで知られている。出会いのきっかけは二人の控室が同じであったこと。互いに他人の悪口を言い合い、歳も近いことから意気投合したそうだ。

プロレスの試合ではタッグを組み、試合に出場。プライベートでは朝まで二人で酒を飲みに行く間柄にまでなっていた。

そんな中、「相棒」とも言える高山選手の事故が発生。 鈴木選手は、事故以降自ら率先して募金活動に取り組んでいる

2017年、「TAKAYAMANIA」の立ち上げ発表記者会見に出席した鈴木選手は「俺なんてどうでもいいんで、高山善廣に勇気をたくさんもらったと思うので、ぜひ皆さん力を貸してください」と涙まじりに語っている。

「TAKAYAMANIA EMPIRE II」は、8月26日に後楽園ホールで開催。鈴木選手も出場が予定されている。想いのつまった試合を見せてくれることに期待したい。

「TAKAYAMANIA EMPIRE II」 の支援は以下URLから可能だ。

https://www.makuake.com/project/takayamania2019/

≪関連記事≫

オカダ・カズチカと三森すずこの結婚で“最強のラブライバー”岡倫之が心配される

宮市亮、手術後7ヶ月の姿を公開…腐らずにリハビリする姿を、ファンも励みに

難病と戦った千葉ロッテ・大隣憲司が引退…不屈の左腕に「もう一花咲かせて欲しかった」の声も

ロッテ・大隣憲司、難病発症の南昌輝にエール「少しでも力になれたら」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします