Advertisement

【MLB】大谷翔平、今季“メジャー6位”の俊足で適時内野安打 一塁まで「平均4.13秒」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、今季“メジャー6位”の俊足で適時内野安打 一塁まで「平均4.13秒」
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地オラクルパークでのジャイアンツ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席に右前打、5回の第3打席に適時内野安打で出塁。2試合ぶりのマルチ安打を記録した。

◆【実際の動画】腰の不安は全くなし!大谷翔平、今季“メジャー6位”の俊足で適時内野安打

■腰の不安は微塵も感じさせず

前日のパドレス戦は、腰の張りのため欠場した大谷。この日は同地区ライバル相手に全力プレーを見せ、変わらぬパフォーマンスを続けている。

大谷は、ドジャース2点ビハインドで迎えた第3打席、2死三塁で相手先発ジョーダン・ヒックス投手の6球目シンカーを振り抜くと、タイミングを外された打球は弱い当たりの二塁ゴロに。打った瞬間から全力で走り出した大谷が一塁へ駆け込むと、貴重な適時内野安打となった。

MLB公式『Baseball Savant』のデータによると、今季の大谷は一塁まで平均4.13秒を計測。これは、メジャー全体でも単独6位に相当する。

試合は5回が終了し、ドジャースが2-3でリードを許している。大谷はここまで3打数2安打で打率.358。先発・山本由伸投手を援護する特大アーチにも期待したい。

◆【実際の動画】腰の不安は全くなし!大谷翔平、今季“メジャー6位”の俊足で適時内野安打

◆ベンチでうなだれる山本由伸に大谷翔平が…無念の降板直後、ベンチでの一コマに「素晴らしい光景」「泣ける」「ショーヘイ兄さん」反響続々

◆「優しい笑顔が真美子さんとクリソツ」大谷翔平、“母の日2ショット”が今年も話題に 「年に1度見れる大好きな写真」

Advertisement