Advertisement

【MLB】「勢いは止まらない」ベッツと大谷翔平が依然NLトップ2争う、公式の“MVP模擬投票” 今永昇太にも得票

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「勢いは止まらない」ベッツと大谷翔平が依然NLトップ2争う、公式の“MVP模擬投票” 今永昇太にも得票
ドジャースのベッツ(写真中央)、大谷翔平(C)ロイター

MLB公式サイトは20日(日本時間21日)、記者43人による今季のMVP模擬投票の最新結果を発表。日本選手では、ドジャース大谷翔平投手がナ・リーグ2位に選出。デビュー登板から快進撃を続ける、カブス今永昇太投手にも得票が入った。

◆【ランキング詳細】両リーグのトップ5はこちら!NLはベッツと大谷翔平のトップ2が激しい争い

■急成長のヘンダーソンがAL3位に

投票者は各選手の現在の成績に加え、残り試合の予想も加味して投票。ア・リーグはヤンキースのフアン・ソト外野手、ナ・リーグはドジャースのムーキー・ベッツ内野手がMVPの最有力候補に選ばれた。

ナ・リーグは投票者43人中23人から1位票を獲得したベッツがトップに立ち、大谷も18人から1位票を獲得。記事では大谷を「右肘の手術から回復中で、今年は登板していないが、ここ4年間で3度目のMVPを狙う勢いは止まらない」と称賛。また、本塁打と打点部門でナ・リーグ二冠王を快走する、ブレーブスのマルセル・オズナ外野手も5位にランクインした。

ア・リーグはソトが投票者43人中28人から1位票を獲得。ここまで49試合に出場して打率.316、11本塁打、37打点、OPS.966と好調をキープ。また、両リーグトップの16本塁打と急成長を見せる、オリオールズのガナー・ヘンダーソン内野手が3位に。2022年のMVPアーロン・ジャッジ外野手も4位に入っている。

◆「オオタニとムーキーのMVP争い」大谷翔平、現地記者が圧巻スタッツで称賛 ドジャースは「最も才能ある選手を10年獲得」

◆「ベッツは二塁に戻すべき」ドジャース専門メディアが遊撃手獲得を促す 候補にはブルージェイズの“2世選手”ビシェット

◆4戦連発の16号で大谷翔平に3本差を付けたヘンダーソン 「完璧主義者」を自負する22歳がメジャー全体トップに浮上