Advertisement

初優勝の長﨑美柚は「ハヤタより優れたパフォーマンス」 中国メディアが脚光、試合内外の“エース対策”にも注目【WTTコンテンダーリオ】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

初優勝の長﨑美柚は「ハヤタより優れたパフォーマンス」 中国メディアが脚光、試合内外の“エース対策”にも注目【WTTコンテンダーリオ】
早田ひな、長﨑美柚(C)WTT

卓球の「WTTコンテンダー リオデジャネイロ」は26日(日本時間27日)、女子シングルスの決勝が行われ、世界ランキング37位の長﨑美柚(木下グループ)は同5位の早田ひな(日本生命)と対戦。4-3のフルゲームを制し、初優勝を果たした。

◆【画像あり】長﨑美柚が早田ひな撃破で「番狂わせをもたらした」 エース相手の逆転劇を大会公式が称賛「ハヤタにスリリングな勝利」

■好調維持してエースを撃破

決勝で早田との日本人サウスポー対決に挑んだ長﨑は、2ゲームを連取される苦しいスタートとなった。しかし、そこからは互角以上に渡り合い、試合はフルゲームに。最後は7-10のビハインドから大逆転で優勝につなげた。

この長﨑の戦いぶりには中国メディアも関心を寄せ、『捜狐』は「WTTリオでミユウ・ナガサキがヒナ・ハヤタより優れたパフォーマンスを見せた」と称賛。

さらに同メディアは試合内外での長﨑の様子にも注目し、「ゲームの間にメモをとるだけでなく、ゲーム外でも事前に戦術を準備してきた」と“早田対策”に言及している。

今大会好調を維持したまま、決勝で第1シードの早田撃破に成功した長﨑。リオの地で存在感を示し、タイトルを奪取した。

◆【画像あり】長﨑美柚が早田ひな撃破で「番狂わせをもたらした」 エース相手の逆転劇を大会公式が称賛「ハヤタにスリリングな勝利」

◆【動画あり】長﨑美柚、エース・早田ひな相手に第7Gで驚異の大逆転 注目の“日本人サウスポー対決”制しシングルス初制覇

◆【まとめ】WTTチャンピオンズ 重慶 2024 日程、出場選手、最新ニュース、放送・ライブ配信予定一覧

Advertisement