Advertisement

【安田記念/危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

【安田記念/危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

今週は、東京GI5連戦の締めくくりとなる、春のマイル王者決定戦、第74回安田記念(GI、芝1600m)が東京競馬場で行われる。

今年は、香港の最強馬・GI7勝を誇るロマンチックウォリアーと、ヴォイッジバブルの2頭が参戦。迎え撃つ日本勢は、一昨年のマイルCS覇者セリフォスや、昨年のマイルCS覇者ナミュール、同2着のソウルラッシュ、ダービー卿CTを制したパラレルヴィジョンに、ヴィクトリアマイル2着のフィアスプライドなど、一線級のマイラーが激突する楽しみなメンバーが揃った。

そんな中、マイラーズCを制して勢いに乗るソウルラッシュが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【安田記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

■年齢、キャリア、府中実績なしと厳しい状況

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

昨年のマイルCSでは、ナミュールの強襲に遭いクビ差の2着と、あと一歩のところでGI奪取とならなかったソウルラッシュ。それでも暮れの香港マイルでは世界の強豪を相手に4着と善戦。今年初戦のマイラーズCでは、上がり最速の末脚でGI馬セリフォスらを抑えて快勝し、年を重ねても崩れていない。今度こそビッグタイトルを掴みたいところだが、今回の安田記念では「危険な人気馬」と言わざるを得ない。

まず最初の危険因子は年齢だ。過去10年の安田記念で6歳馬の成績は【2.2.3.37】と、まずまずの戦績にも思えるが、2017年にサトノアラジンが勝って以降、直近6年は6歳以上の馬は馬券圏内にすら来ておらず、「0.0.0.19」と惨敗。近年での連対馬は4、5歳馬が独占しており、GI馬インディチャンプさえも、6歳時に臨んだ2021年は2番人気4着に敗れており、比較的若い馬たちに優勢な傾向となっている。

同様にキャリア数も16戦以上の馬は、過去10年で【3.2.4.76】の成績だが、こちらも直近6年に限ると【0.0.0.36】と全滅。キャリア19戦のソウルラッシュにとっては鬼門となる数字だ。

もう一つの危険因子は、東京コースで結果を残せていない点。東京では一昨年の富士S2着が最高成績で未勝利の競馬場。安田記念は過去2年挑戦しているが、13着、9着と、いずれも人気以下の結果に終わっており、年齢を重ねて一気に順位を上げることが、果たして可能なのだろうか。

Advertisement


GII、GIIIでは安定した戦績を残しているソウルラッシュだが、いざGIになるとやや役不足なイメージで、いわゆる前哨戦ハンター。鞍上にモレイラを配し、必勝態勢で臨む今回だが、モレイラはあと一つGIを勝たないと来年は短期免許が取得できないため、今回がラストチャンス。そのプレッシャーも相当なものだろう。これらを加味すると、人気ほどの妙味はないと考え、今回は思い切って「消し」でいってみたい。

安田記念2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「安田記念2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「安田記念2024」大口投票パトロール ロマンチックウォリアーの単勝に210万円か

◆【高配当メソッド】「1人気8連敗中、2桁オッズが6勝」の波乱傾向 ソウルラッシュらの頭固定に“待った”

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

Advertisement


◆【追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

◆【追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

データ分析・過去傾向

◆【過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

◆【過去10年データ】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

◆【過去10年データ】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

◆【全頭診断】想定4人気以下に「3.4.1.1」 “とにかく凄かった”5走前パフォは見逃し厳禁

◆【血統展望】人気一角に「0.1.1.21」で危険信号 ロマンチックウォリアーの配合評価は

◆【前走ローテ】セリフォスらに勝率2.6%……「単回収値100超」イマドキ臨戦過程の“想定10人気前後”に熱視線

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズvol.1】「馬具の効果はてきめん、昨年とは馬が一味もふた味も違う」 前日“10人気”前後の大穴

◆【穴馬アナライズvol.2】「煌びやかな実績と人気がアンバランス、積極的に買うべき」 前日“8人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズvol.3】「GIでもぶっ飛んでくる鬼脚の持ち主、一発ズドンを警戒」 想定オッズ“20倍台”の妙味

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン