Advertisement

【安田記念/データ攻略】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

【安田記念/データ攻略】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

今週は東京競馬場で安田記念(芝1600m)が行われる。春のマイル王決定戦の舞台にトップマイラーが集結。香港馬2頭の参戦でより厚みを増したメンバー構成となった。

ここでは、過去10年からセリフォスソウルラッシュにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【安田記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

■セリフォスに“100%データ”の追い風

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

昨年、一昨年と参戦した安田記念はそれぞれ4、2着。今回3度目の正直で戴冠に挑むのがセリフォスだ。2歳夏からマイル路線のトップグループとして君臨する同馬。勝ち星から遠ざかる現状を踏まえると半信半疑の評価にも思えるが、以下データを見れば印象は変わるはずだ。

・前年同レース馬券内かつ前走2着内【1.3.2.0】

該当馬全頭が馬券内の“100%データ”に該当。昨年はソングラインが4番人気で連覇を果たすなど、人気の盲点にある馬も安定した走りを見せていた。リピーターレースの傾向にある安田記念の前年馬券内馬×前走2着内馬は“超鉄板級”とのデータだ。

セリフォスについて補足すると、直線平坦コースの成績【1.1.0.3】に対し、急坂コースは【4.2.0.2】掲示板外なし。圧倒的な急坂適性を誇る馬が平坦京都芝のマイラーズカップで連対圏に食い込んだのは評価に値する。休み明けで過去最高体重だった前走から上積みが見込める点を考えたとき、ソウルラッシュ逆転を望むのは決して無理筋ではない。

■ソウルラッシュに浮上する【0.0.2.5】

その一方で、ソウルラッシュには不安要素が浮上する。昨秋以降は場所問わず安定した成績を残している馬。まさにキャリアのピークと呼べる時期にさしかかっているが、マイナス材料となるデータがこちら。

Advertisement


・京都開催のマイラーズカップ勝ち馬【0.0.2.5】

該当馬すべて連対外と目も当てられない成績に。このなかにはダノンプレミアムやサングレーザー、イスラボニータといった人気馬が含まれていたにもかかわらず不振を極めているのだ。京都芝外回り1600mと安田記念の関連性のなさを示す数字と言えよう。

セリフォス同様、3年連続での安田記念出走となるソウルラッシュ。しかし、過去2年はいずれも掲示板外とその力を発揮するには至っていない。鞍上にJ.モレイラを迎えるここは必勝態勢と言えるが、過去の傾向を踏まえると3着までが精いっぱいなのかもしれない。

安田記念2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「安田記念2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「安田記念2024」大口投票パトロール ロマンチックウォリアーの単勝に210万円か

Advertisement


◆【高配当メソッド】「1人気8連敗中、2桁オッズが6勝」の波乱傾向 ソウルラッシュらの頭固定に“待った”

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

◆【追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

◆【追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

データ分析・過去傾向

◆【過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

◆【過去10年データ】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

◆【全頭診断】想定4人気以下に「3.4.1.1」 “とにかく凄かった”5走前パフォは見逃し厳禁

◆【血統展望】人気一角に「0.1.1.21」で危険信号 ロマンチックウォリアーの配合評価は

◆【前走ローテ】セリフォスらに勝率2.6%……「単回収値100超」イマドキ臨戦過程の“想定10人気前後”に熱視線

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズvol.1】「馬具の効果はてきめん、昨年とは馬が一味もふた味も違う」 前日“10人気”前後の大穴

◆【穴馬アナライズvol.2】「煌びやかな実績と人気がアンバランス、積極的に買うべき」 前日“8人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズvol.3】「GIでもぶっ飛んでくる鬼脚の持ち主、一発ズドンを警戒」 想定オッズ“20倍台”の妙味

◆【危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン