Advertisement

【安田記念/データ攻略】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

【安田記念/データ攻略】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

今週は東京競馬場で安田記念(芝1600m)が行われる。本レース連覇のソングライン引退により混迷を極めるマイル路線。日本ダービーに続く波乱決着があっても驚けない。

ここでは、過去10年からナミュールフィアスプライドにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【安田記念2024予想/過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

ナミュールに「馬券内率88%」データで一変も

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

藤岡康太騎手の手綱に導かれ、昨年のマイルCSでGI馬の仲間入りをはたしたナミュール。その後も海外を転戦し大崩れなく走っていたものの、前走ヴィクトリアマイルは8着とまさかの敗戦。激戦を経て燃え尽きてしまったのか……そんな声に待ったをかけるのが以下データだ。

・牡馬混合GIで連対歴のある牝馬【3.4.1.1】

ソングライン、グランアレグリア、アエロリットなどが該当。昔から牝馬が強いレースとして知られていたが、そこに牡馬混合GIでの連対歴を掛け算することで信頼度は急上昇する。

上がり3F33秒0の赤松賞、勝ち時計1分31秒4の富士Sと、東京芝1600mで圧巻のパフォーマンスを披露してきたナミュール。強さと脆さが同居する点は予想する側としては悩ましいところだが、能力全開時の笑っちゃうような強さを疑う余地はないだろう。評価ガタ落ちが予想される今回だが、買い目に入れる選択肢を持ちたいところだ。

■フィアスプライドに【0.0.1.8】の壁出現

ナミュールとは対照的に“0%データ”に該当してしまったのがフィアスプライドだ。5歳秋までは重賞連対歴すらなかったが、そこから1年足らずでGIの舞台で戦えるレベルまで成長。目下の勢いなら牡馬相手でも……そんな可能性に対して「NO」を突き付けるデータとは?

Advertisement


・東京芝1600m重賞未勝利の牝馬【0.0.1.8】

馬券内馬ゼロの“0%データ”に抵触。ナミュールの項で牝馬の牡馬混合GI好走歴に触れたが、好走馬のほとんどが東京芝1600m重賞勝ち馬。唯一の馬券内はアーモンドアイの3着だから、そのハードルの高さがうかがい知れる。

ターコイズS勝利以降、3戦続けてC.ルメール騎手を配したフィアスプライド陣営。すべてはヴィクトリアマイルのために……そんな意気込みが伝わるローテーションだったが、今回は同騎手を確保することは叶わなかった。相手強化と乗り替わりの影響を考慮したとき、思い切って“消し”の可能性も浮上する1頭と言えるのかもしれない。

安田記念2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「安田記念2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「安田記念2024」大口投票パトロール ロマンチックウォリアーの単勝に210万円か

Advertisement


◆【高配当メソッド】「1人気8連敗中、2桁オッズが6勝」の波乱傾向 ソウルラッシュらの頭固定に“待った”

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

◆【追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

◆【追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

データ分析・過去傾向

◆【過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

◆【過去10年データ】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

◆【全頭診断】想定4人気以下に「3.4.1.1」 “とにかく凄かった”5走前パフォは見逃し厳禁

◆【血統展望】人気一角に「0.1.1.21」で危険信号 ロマンチックウォリアーの配合評価は

◆【前走ローテ】セリフォスらに勝率2.6%……「単回収値100超」イマドキ臨戦過程の“想定10人気前後”に熱視線

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズvol.1】「馬具の効果はてきめん、昨年とは馬が一味もふた味も違う」 前日“10人気”前後の大穴

◆【穴馬アナライズvol.2】「煌びやかな実績と人気がアンバランス、積極的に買うべき」 前日“8人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズvol.3】「GIでもぶっ飛んでくる鬼脚の持ち主、一発ズドンを警戒」 想定オッズ“20倍台”の妙味

◆【危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】マーメイドステークス2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「6番人気以下7勝、波乱必至の牝馬重賞」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【高配当メソッド】3連単10?30万馬券が8回発生 馬単万馬券も“ざら”にある、穴党が息巻くハンデGIII

穴馬予想

◆【危険な人気馬】勝率わずか「3.7%」の斤量増と馬券内率「9.0%」の血統では……重賞ウイナーは“消し”

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】京都芝2000mで“ベタ買い推奨”の種牡馬 「あえて馬単2着付け」に妙味あり

◆【前走ローテ傾向】荒れるレースで複回収値「140超」の伏兵警戒 “10年で5勝”の前走条件戦は


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン