Advertisement

【安田記念/追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

【安田記念/追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

第74回安田記念(2日/GI、東京芝1600m)には、GI7勝の香港馬ロマンチックウォリアー、昨年のマイルCS勝ち馬ナミュール、2022年のマイルCS勝ち馬で昨年2着セリフォス、マイラーズCの勝ち馬で昨年マイルCS2着ソウルラッシュ、ダービー卿CT勝ち馬パラレルヴィジョン、ヴィクトリアマイル2着フィアスプライドらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「ウインカーネリア」を取り上げる。

◆【安田記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

■ウインカーネリアン

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】皐月賞4着など早い段階で才能の片鱗を見せていた馬。蹄葉炎のため、1年間丸々休養というアクシデントはあったものの復帰した2022年春からは芝マイル戦線で軌道に乗り、同年8月の関屋記念で重賞初勝利を果たした。昨年の東京新聞杯ではナミュールを下して重賞2勝目とした実力馬だ。今年は東京新聞杯から始動し、2着。そして前走は自身初の芝1200m戦となる高松宮記念に参戦し、0秒7差4着と大健闘した。前にいたビクターザウィナーが外に振った分、ウインカーネリアンはさらに外に出さざるを得ず、それを考えれば数字以上の評価ができる一戦だったかもしれない。

馬に大きなダメージはなく、昨年に続き2年連続で安田記念へ参戦することに。短期放牧を挟み、5月10日に美浦に戻り調整が進んでいる。2週前にオープン馬バラジを先導する調整で折り合い面を強化。1週前はウッドで大きく先に行かせた2頭を目標に気持ちを乗せ、5F64秒6(馬なり)とかなり速い時計をマーク。GIで走った疲れは完全に癒えているようだ。

【最終追い切り】レース当週も三浦騎手が騎乗し、ウッドで単走。1週前の負荷で十分鍛え上げられており今週は鞍上とのコンタクトを深めるのに専念したような内容だった。序盤はぴったりと折り合って、直線では外ラチ沿いへ誘導されると首をリズミカルに使って軽快に伸びた。四肢の柔軟さは申し分なし。

【見解】昨年の安田記念はドバイ帰りかつ中間にザ石もあったとのことで調整に難しさがあり、8着に終わっている。18頭立て17番ゲートという枠も厳しかったか。今年は国内専念、特にトラブルもなく順調さでは雲泥の差と言える。攻めはいつも動くタイプだが、併せ馬での気持ちの乗り、単走でのリラックスぶりと精神面で今回ことさらよく感じさせる。近2走はブリンカー効果もあるようで、7歳にして進境著しい。スプリントGIで揉まれた経験も収穫で、ここで大駆けがあって驚けない。

総合評価「A」

Advertisement


安田記念2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「安田記念2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「安田記念2024」大口投票パトロール ロマンチックウォリアーの単勝に210万円か

◆【高配当メソッド】「1人気8連敗中、2桁オッズが6勝」の波乱傾向 ソウルラッシュらの頭固定に“待った”

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

◆【追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

Advertisement


データ分析・過去傾向

◆【過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

◆【過去10年データ】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

◆【過去10年データ】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

◆【全頭診断】想定4人気以下に「3.4.1.1」 “とにかく凄かった”5走前パフォは見逃し厳禁

◆【血統展望】人気一角に「0.1.1.21」で危険信号 ロマンチックウォリアーの配合評価は

◆【前走ローテ】セリフォスらに勝率2.6%……「単回収値100超」イマドキ臨戦過程の“想定10人気前後”に熱視線

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズvol.1】「馬具の効果はてきめん、昨年とは馬が一味もふた味も違う」 前日“10人気”前後の大穴

◆【穴馬アナライズvol.2】「煌びやかな実績と人気がアンバランス、積極的に買うべき」 前日“8人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズvol.3】「GIでもぶっ飛んでくる鬼脚の持ち主、一発ズドンを警戒」 想定オッズ“20倍台”の妙味

◆【危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】マーメイドステークス2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「6番人気以下7勝、波乱必至の牝馬重賞」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【高配当メソッド】3連単10?30万馬券が8回発生 馬単万馬券も“ざら”にある、穴党が息巻くハンデGIII

穴馬予想

◆【危険な人気馬】勝率わずか「3.7%」の斤量増と馬券内率「9.0%」の血統では……重賞ウイナーは“消し”

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】京都芝2000mで“ベタ買い推奨”の種牡馬 「あえて馬単2着付け」に妙味あり

◆【前走ローテ傾向】荒れるレースで複回収値「140超」の伏兵警戒 “10年で5勝”の前走条件戦は


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン