Advertisement

【安田記念/追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

【安田記念/追い切り診断】実力上位の人気一角に「B」の辛口評価 躍動感、見栄え物足りず「負荷を回避せざるを得ない状態か……」

第74回安田記念(2日/GI、東京芝1600m)には、GI7勝の香港馬ロマンチックウォリアー、昨年のマイルCS勝ち馬ナミュール、2022年のマイルCS勝ち馬で昨年2着セリフォス、マイラーズCの勝ち馬で昨年マイルCS2着ソウルラッシュ、ダービー卿CT勝ち馬パラレルヴィジョン、ヴィクトリアマイル2着フィアスプライドらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「セリフォス」を取り上げる。

◆【安田記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

■セリフォス

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】2022年マイルCS勝ち、昨年の安田記念で2着など日本馬陣営のなかでは実績最上位と言える存在。昨年はドバイターフから安田記念に臨んでいたが、今年は海外遠征は行わず、マイラーズCをステップに昨年2着のリベンジへ挑むことに。そのマイラーズCはやや太め残りながら、中団からジワッと伸び2着を確保。陣営サイドから“状態がそこまでではなかった”とのコメントもあり、底力の高さをアピールした一戦だったと言える。

Advertisement


中5週となるこの中間は在厩で調整。5月3日に初時計として坂路15-15をマークした。1週前には川田騎手が跨ってCW併せ馬。稽古駆けする良血オープン馬エスコーラを大きく追走する意欲的な内容で、馬なりのまま追いつき併入とした。時計は自己ベストを更新する5F64秒6。

【最終追い切り】レース当週は指揮官・中内田師が騎乗し坂路で単走。負荷は1週前で十分掛かっており、今回は息遣いを確認する程度の内容に留まっている。ややフットワークを小さく見せるものの、力みはなく自然体の走りでラストはジワッと加速することができていた。

【見解】1週前はさすがの迫力。稽古駆けする相手に速い時計を出し、この負荷で太かった体もしっかり絞れてくるはずだ。ゆえに直前の攻めは軽めで問題はないが、さすがに坂路4F56秒9、2Fラップ13秒5-12秒7は緩過ぎる嫌いが。さすがに躍動感もそこまでの見栄えはしなかった。そもそも2歳時の朝日杯FSから昨年秋のマイルCSまで国内のGIへ参戦する場合、直前の攻めはすべてCWで追ってきた馬。今回は初のケースとなる坂路最終追いで、単純に気になる点ではある。疲労や脚元の面で、CWでの負荷を回避せざるを得ない状態なのかもしれない。ソウルラッシュ、ロマンチックウォリアーと上位人気を争いそうだが、人気ほどの信頼はどうか。

Advertisement


総合評価「B」

安田記念2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「安田記念2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「安田記念2024」大口投票パトロール ロマンチックウォリアーの単勝に210万円か

◆【高配当メソッド】「1人気8連敗中、2桁オッズが6勝」の波乱傾向 ソウルラッシュらの頭固定に“待った”

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はセリフォスかソウルラッシュか 競走馬として数段レベルアップ「迫力満点」

Advertisement


◆【追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価は想定“10人気” 人馬共に初GIタイトルへ「一発大駆け」があっても驚けない

データ分析・過去傾向

◆【過去10年枠順傾向】内枠は人気サイドでも苦戦 想定8人気前後に「馬券内率87.5%」の可能性浮上

◆【過去10年データ】ナミュールに“馬券内率88%”の爆走サイン 前走GI好走6歳馬は「0.0.0.8」の逆風に挑む

◆【過去10年データ】ソウルラッシュとセリフォスの「100 or 0%」 マイラーズカップ上位2頭で“消し”候補は

◆【全頭診断】想定4人気以下に「3.4.1.1」 “とにかく凄かった”5走前パフォは見逃し厳禁

◆【血統展望】人気一角に「0.1.1.21」で危険信号 ロマンチックウォリアーの配合評価は

◆【前走ローテ】セリフォスらに勝率2.6%……「単回収値100超」イマドキ臨戦過程の“想定10人気前後”に熱視線

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズvol.1】「馬具の効果はてきめん、昨年とは馬が一味もふた味も違う」 前日“10人気”前後の大穴

◆【穴馬アナライズvol.2】「煌びやかな実績と人気がアンバランス、積極的に買うべき」 前日“8人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズvol.3】「GIでもぶっ飛んでくる鬼脚の持ち主、一発ズドンを警戒」 想定オッズ“20倍台”の妙味

◆【危険な人気馬】名手鞍上の実績馬を“消し” 「0.0.0.19」「0.0.0.36」の鬼門とコース実績懸念

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


おすすめPR

META POG

Advertisement


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

Advertisement