Advertisement

【BreakingDown12】「さすが立ち技超トップ」“44キロ差”を制した安保瑠輝也に反響の声相次ぐ 「勝ったらアカウント消滅」宣言の平本蓮は回避

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【BreakingDown12】「さすが立ち技超トップ」“44キロ差”を制した安保瑠輝也に反響の声相次ぐ 「勝ったらアカウント消滅」宣言の平本蓮は回避
(C)BreakingDown

総合格闘家の朝倉未来がプロデューサーを務める“1分間最強”決定戦「SILK THE RICH presents BreakingDown12ブレイキングダウン12)」が2日、都内某所で開催され第23試合「スダリオ剛 vs. 安保瑠輝也」は安保瑠輝也が延長4ラウンドの緊迫した試合を制し、フルマークの判定勝ちを収めた。

◆【速報中/BreakingDown12】6月2日 対戦カード、勝敗予想、試合結果一覧

■「安保カッコよかったぞぉおおお」

44.2キロ差の“禁断マッチ”は、身軽な動きで打撃を繰り出し続けた安保に軍配が上がった。

試合開始は安保の左のハイキックから始まった。スダリオは首を横に振り、互いに「来い来い」とアピール。安保はカーフを放つなど上下に打撃を散らして冷静に攻めた。途中、スダリオが前のめりにパンチを繰り出し、安保が後ろに吹き飛ぶ一幕も。朝倉は「緊張感と、安保君のスピードが凄いですね」と第1ラウンドは安保優勢としつつも、「ただ、(スダリオが)少し出したら飛んでいきましたね。コレもらったら、一溜りもないですよ」と振り返った。

その後も、スダリオの“危険な一発”は安保に当たることなく、前に出て技を繰り出し続ける安保が手数でリード。一発が当たれば命取りとなる緊迫した試合の末、3ラウンドが終了。実況席の勝俣州和が延長戦を希望し、朝倉未が前代未聞の1ラウンド追加を認めた。

延長戦の末、安保が判定5-0でスダリオに判定勝ちした。

この試合は、X(旧ツイッター)でトレンド入りするなどファンから反響の声が続々。「安保カッコよかったぞぉおおお」「さすが立ち技超トップ!!めちゃくちゃ安保さん格好良かったす!」「まじですごい スダリオがディフェンスに回ると思わなかったw」「PPV買ってないけどマジかよ、どんな試合だったんだ」など感動の声が相次ぎ、視聴していなかった格闘技ファンにも話題が波及。

また、試合前に今日もし安保瑠輝也が勝ったら Twitterアカウント消します。 これマジです」と呟いていた総合格闘家の平本蓮。「平本のTwitterアカウント消滅」などの声も上がっていたが、試合後に平本は「Twitter辞めました!」と投稿。アカウント名に「X始めました。」と追記し、アカウント削除を回避したようだ。

試合の様子は「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて全試合生中継されている。

Advertisement


◆【速報中/BreakingDown12】6月2日 対戦カード、勝敗予想、試合結果一覧

◆【速報】「今までで一番すごい」安保瑠輝也の愛弟子ジョリーの“劇的勝利”が話題 朝倉未来も快諾でRIZIN出場へ前進

◆【速報】朝倉未来「喧嘩っすね、面白い」安保瑠輝也のいとこ、デビュー戦黒星も……実況席は次戦に期待「まさしくストリート」