富樫勇樹の童顔に驚き!「子どもフィルター」が仕事していないと話題に

FIBAアジアカップ公式ツイッターが5月29日に更新され、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の童顔に注目が集まっている。

この日の投稿では、最近SNSで話題になっている「子どもフィルター(babyfilter)」を使用。アジアカップに出場する選手たちの顔を幼児化させた写真を公開した。

しかし、富樫選手の顔はフィルターを掛けても加工前後の変化が少ない。ファンからは「富樫のときだけ子どもフィルターが仕事していない」などの反応が寄せられた。

渡邊雄太も「完全にそのまんまやん」

「子どもフィルター(babyfilter)」はスマートフォン向け写真共有アプリ「Snapchat」の機能。大人の顔を幼く加工できるのが面白いと話題を呼んでいる。

加工前後の変化を楽しんだり、実際の子供のころの写真と比べたりして盛り上がる様子がツイッターなどで見られる。

だが富樫選手の場合はフィルターを掛けても現在の面影が強く残っており、渡邊雄太選手(メンフィス・グリズリーズ)も 完全にそのまんまやんとツイッターでツッコミを入れていた。

≪関連記事≫

千葉ジェッツ・富樫勇樹、高校生を集中指導「インターハイ優勝目指して頑張って」

バトンはユウタからユウタへ!渡邊雄太が田臥勇太以来14年ぶりの日本人NBAデビュー「日本バスケが前進した日」

【Bリーグ開幕】スキマ時間に絶え間なく現れるパフォーマー…野球やサッカーとはまた異なる空気感に注目

千葉ジェッツ・西村文男、初コミケで『スラムダンク』安西先生と2ショット?「安西先生、明日のバスケ休みたいです」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします