Advertisement

【MLB】大谷翔平、剛腕チャップマンの“ボール球スプリット”を中前打 終盤劣勢でチャンスメーク

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、剛腕チャップマンの“ボール球スプリット”を中前打 終盤劣勢でチャンスメーク
ドジャース・大谷翔平(C)ロイター/ USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地PNCパークでのパイレーツ戦に「2番DH」で先発出場。8回の第4打席に中前打で出塁した。

◆【実際の動画】大谷翔平、厳しいボールも“技アリ”の中前打!2試合ぶりの安打で出塁

■剛腕ジョーンズを攻略ならず

前回の試合では、3打数無安打1四球と快音なしだった大谷。この日は劣勢の終盤にチャンスメーク、反撃の一打を放った。

ドジャース1点ビハインドの8回表、無死走者なしで迎えた第4打席。大谷は相手3番手アロルディス・チャップマン投手が投じた低めボール球のスプリットにしぶとくバットを合わせると、打球は二遊間を抜けて中堅へ。ウィル・スミス捕手の四球とテオスカー・ヘルナンデス外野手の中飛で三塁まで進塁するも、得点にはあと一歩届かなかった。

大谷はこの試合4打数1安打で、打率.321。ルーキー右腕ジャレッド・ジョーンズ投手を打ち崩せず、ドジャースが0-1で敗れている。

◆【実際の動画】大谷翔平、厳しいボールも“技アリ”の中前打!2試合ぶりの安打で出塁

◆大谷翔平、パイレーツ3連戦で“元二刀流”の怪物ルーキーと初対決 「トラウトやプホルス、ショウヘイを見て育ってきた」

◆より力強く正確に、大谷翔平の“過去最高”が際立つ今季打撃指標 公式データが示した「高打率の理由」