Advertisement

【MLB】大谷翔平相手に「163キロ→161キロ→162キロ」 怪物新人が見せた3球三振に投球分析家も注目「オオタニを圧倒した」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平相手に「163キロ→161キロ→162キロ」 怪物新人が見せた3球三振に投球分析家も注目「オオタニを圧倒した」
パイレーツのポール・スキーンズ(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地PNCパークでのパイレーツ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席は空振り三振に終わった。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、怪物新人から“確信歩き”の5試合ぶり15号 圧巻の一打に場内騒然、「驚きのパワーだ!」と実況も大興奮

■今季メジャーデビューした右腕

この試合パイレーツの先発はポール・スキーンズ投手。今季メジャーデビューを果たし、2勝を挙げている怪物ルーキーと大谷との対戦には注目が集まった。

初回1死走者なしで対峙した初回の打席、大谷相手にスキーンズは初球101.3マイル(約163.0キロ)、2球目100.1マイル(約161.1キロ)と強気のフォーシームで大谷を追い込む。最後も100.8マイル(約162.2キロ)の速球に大谷のバットが空を切り、3球三振となった。

このスキーンズの投球には“ピッチングニンジャ”の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏も注目。「ポール・スキーンズがショウヘイ・オオタニを圧倒した」とその圧巻の投球ぶりを称賛した。

大谷は1打数無安打で打率は.319。この後の対決にも引き続き期待が集まる。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、怪物新人から“確信歩き”の5試合ぶり15号 圧巻の一打に場内騒然、「驚きのパワーだ!」と実況も大興奮

◆「大谷翔平がスター同士の対戦で本塁打」現地メディアが“160キロ超え”怪物ルーキーから放った15号を報道

◆大谷翔平、怪物右腕の161キロを中堅へ驚愕126メートル弾 自身キャリア最速更新、圧巻の一打に公式記者注目

Advertisement