Advertisement

【エプソムC/データ攻略】人気落ち想定の実績馬に「2.1.0.1」 “敗戦後でも軸推奨”の理由は

【エプソムC/データ攻略】人気落ち想定の実績馬に「2.1.0.1」 “敗戦後でも軸推奨”の理由は

今週は東京競馬場でエプソムC(芝1800m)が行われる。昨年の勝ち馬ジャスティンカフェ、2着馬ルージュエヴァイユはともに同年秋のGI戦線で好走。今後の大舞台を見据えるうえで注目したい一戦だ。

ここでは、過去10年からレーベンスティールサイルーンにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【エプソムカップ2024予想/追い切り診断】最高評価「S」は想定8人気前後の“穴馬” 豪快な脚捌きで「さっそく結果を残す」

■レーベンスティールのプラス材料となる「2.1.0.1」

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

昨年のセントライト記念で皐月賞馬ソールオリエンスを撃破。適距離替わりで巻き返しを期するのがレーベンスティールだ。海外遠征帰り初戦の前走新潟大賞典はまさかの惨敗を喫しており、今回は半信半疑の評価。取捨をどうするべきか……そんな迷いが生じる馬だと思うが、データでは“買い”一択だ。

・芝2200m以上の重賞連対歴がある4歳馬【2.1.0.1】

該当馬4頭中3頭が馬券内かつ連対を確保。5番人気1着レイエンダや6番人気2着サトノフラッグなど配当妙味も高く、前述2頭はセントライト記念2着馬だった。本レースと好相性の4歳馬×芝2200m以上の重賞連対歴は“軸推奨”と言えるデータだ。

レーベンスティールにとって、今回心強い存在となるのが鞍上のC.ルメール騎手。2024年のC.ルメール騎手×田中博康調教師の成績は【4.0.0.0】と負け知らず。厩舎の“ジョーカー”をこのタイミングで起用するのは強い勝負気配の表れだろう。飛躍の秋に向けて賞金加算は必至。ここは本来の姿を見せてくれる可能性は高いと見た。

■サイルーンに【0.0.0.6】の鬼門データ

その一方で、サイルーンには不安要素が浮上する。2勝クラス→3勝クラスと連勝して臨む重賞の舞台。目下の充実ぶりと父ディープインパクト×母父キングカメハメハの血統背景も含めて注目の1頭だが、今回はローテーションがマイナス材料となる。

Advertisement


・前走芝1600m勝ち馬【0.0.0.6】

ジャスティンカフェをはじめとした当日3番人気内馬が3頭いたにもかかわらず、該当馬6頭すべてが馬券外。前走マイル勝ち馬×開催後半にさしかかった東京芝1800mで施行されるエプソムカップとの関連性のなさを示すデータと言えよう。

サイルーンについて補足すると、東京芝は【2.3.0.1】と好走多数。そのなかには当舞台の好走歴も含まれており、馬自体の適性には目を見張るものがある。“バッサリ消し”とまでは言い切れないものの、勝利または連対圏確保に関しては暗雲が垂れ込める1頭と捉えたいところだ。

エプソムカップ2024 予想コラム一覧

特集

◆【まとめ】「ジャパンC3着・ヴェルトライゼンデが復帰」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「エプソムカップ2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「エプソムカップ2024」大口投票パトロール 2桁オッズの“伏兵”に先行投資か

Advertisement


◆【高配当メソッド】波乱か否か、天気がカギを握る……4年前は“3連単421万円”の夢馬券

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は想定8人気前後の“穴馬” 豪快な脚捌きで「さっそく結果を残す」

◆【追い切り診断】素質、実力上位も辛口「B」評価 「併せ馬でも手応え劣勢」でレベルダウン

◆【追い切り診断】「高い能力しっかり維持」の単勝30倍超に“高評価” 稽古に変化、本番でもピリッとしてくる

データ分析・過去10年傾向

◆【過去10年 枠順傾向】1~4枠はわずか勝率2.8% 「馬券内率60%」該当の想定6人気前後に穴妙味?

◆【過去10年データ攻略】ヴェルトライゼンデとトゥデイイズザデイの「買い or 消し」 池江厩舎2頭で“バッサリ切る”候補は

◆【血統展望】「昨年は3着以内独占」 “欧州の首領”が躍動するレースで狙いたい馬は?

◆【前走ローテ】ルメール騎乗でもレーベンスティールに“黄信号”か 穴なら「馬券内率60%」のGIII組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「戦績が示す通りのサウスポー、実績を考えれば過小評価」 前日“6人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズ】「前走はゲート開いた瞬間にノーチャンス、持久力勝負ならば」 前日“10人気”以下の爆穴

◆【穴馬アナライズ】前日“8人気”以下の妙味 「距離適性が強み、前走内容がここまでフロック視されるなら……」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞ウイナーは“消し” 立ちはだかる「0.0.1.43」の不穏データ

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン