Advertisement

【エプソムC/追い切り診断】素質、実力上位も辛口「B」評価 「併せ馬でも手応え劣勢」でレベルダウン

【エプソムC/追い切り診断】素質、実力上位も辛口「B」評価 「併せ馬でも手応え劣勢」でレベルダウン

第41回エプソムC(9日/GIII、東京芝1800m)には、巻き返しを狙う4歳馬のレーベンスティール、長期休養明け2戦目で重賞初Vを目指すトゥデイイズザデイ、ルアインやシャフリヤールを叔父に持つ良血アルナシームらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「ヴェルトライゼンデ」を取り上げる。

◆【エプソムカップ2024予想/追い切り診断】最高評価「S」は想定8人気前後の“穴馬” 豪快な脚捌きで「さっそく結果を残す」

■ヴェルトライゼンデ

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】ホープフルSで2着、スプリングSで2着、日本ダービーで3着、神戸新聞杯で2着などクラシック路線のど真ん中を歩み、存在感を示した素質馬だ。ちなみに現7歳で、顕彰馬コントレイルの世代にあたる。古馬となってからも活躍に期待されたが、明け4歳初戦だったAJCCでの2着後に屈腱炎で長期の戦線離脱を余儀なくされた。2022年6月の鳴尾記念が約16カ月ぶりの復帰戦。さすがに厳しいかとも思われたが、インを鋭く突いてあっさり抜け出し、ここで待望の重賞初勝利を収めた。その後はジャパンCで3着、日経新春杯勝ちなど能力の高さを誇示したものの、昨年の大阪杯後にまたしても屈腱炎を発症。

それでも陣営は復帰をあきらめず、懸命なケアを経て今年4月下旬に栗東へ帰厩。プール併用で徐々に体を慣らし、実戦復帰の目算が立ったことから5月頭に復帰戦をエプソムCとすることが決まり、調教負荷が強められている。2週前の坂路追いでこの中間初めての併せ馬を敢行。さすがに重苦しさはあったが、2勝クラスをねじ伏せ先着。1週前の坂路単走でも最後はやや苦し気ではあったが、4F51秒3(一杯)と悪くない時計をマークした。

【最終追い切り】レース当週は水口騎手が騎乗し(本番は戸崎騎手)、坂路で併せ馬。オープン馬ウェルカムニュースを追走し序盤から速いラップを刻む意欲的な内容で、追い比べでわずかに切れ負けしてアタマほど遅れ入線に終わっている。

【見解】2年前に見事な復帰Vを果たしており、今回も不屈ぶりを見せつけてくれそうな雰囲気は漂う。しかし50秒台を連発していた鳴尾記念時と比べると、今回の時計は若干ではあるがレベルダウン。併せ馬でも手応え劣勢で、気持ちの強さだけでなんとか食らいついている感がある。使い込んでいない分、加齢による能力減衰はそこまでないとしても、さすがに5歳6月の鳴尾記念時と7歳6月の今回とではまったく同じとは言えないだろう。左回りは問題ないとして、距離1800mも若干短い。人気ほどの信頼は置きづらいところだ。

総合評価「B」

Advertisement


エプソムカップ2024 予想コラム一覧

特集

◆【まとめ】「ジャパンC3着・ヴェルトライゼンデが復帰」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「エプソムカップ2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「エプソムカップ2024」大口投票パトロール 2桁オッズの“伏兵”に先行投資か

◆【高配当メソッド】波乱か否か、天気がカギを握る……4年前は“3連単421万円”の夢馬券

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は想定8人気前後の“穴馬” 豪快な脚捌きで「さっそく結果を残す」

◆【追い切り診断】「高い能力しっかり維持」の単勝30倍超に“高評価” 稽古に変化、本番でもピリッとしてくる

Advertisement


データ分析・過去10年傾向

◆【過去10年 枠順傾向】1~4枠はわずか勝率2.8% 「馬券内率60%」該当の想定6人気前後に穴妙味?

◆【過去10年データ攻略】人気落ち想定の実績馬に「2.1.0.1」 “敗戦後でも軸推奨”の理由は

◆【過去10年データ攻略】ヴェルトライゼンデとトゥデイイズザデイの「買い or 消し」 池江厩舎2頭で“バッサリ切る”候補は

◆【血統展望】「昨年は3着以内独占」 “欧州の首領”が躍動するレースで狙いたい馬は?

◆【前走ローテ】ルメール騎乗でもレーベンスティールに“黄信号”か 穴なら「馬券内率60%」のGIII組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「戦績が示す通りのサウスポー、実績を考えれば過小評価」 前日“6人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズ】「前走はゲート開いた瞬間にノーチャンス、持久力勝負ならば」 前日“10人気”以下の爆穴

◆【穴馬アナライズ】前日“8人気”以下の妙味 「距離適性が強み、前走内容がここまでフロック視されるなら……」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞ウイナーは“消し” 立ちはだかる「0.0.1.43」の不穏データ

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】マーメイドステークス2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「6番人気以下7勝、波乱必至の牝馬重賞」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【高配当メソッド】3連単10?30万馬券が8回発生 馬単万馬券も“ざら”にある、穴党が息巻くハンデGIII

穴馬予想

◆【危険な人気馬】勝率わずか「3.7%」の斤量増と馬券内率「9.0%」の血統では……重賞ウイナーは“消し”

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】京都芝2000mで“ベタ買い推奨”の種牡馬 「あえて馬単2着付け」に妙味あり

◆【前走ローテ傾向】荒れるレースで複回収値「140超」の伏兵警戒 “10年で5勝”の前走条件戦は


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン