Advertisement

【MLB】「山本由伸による投球の基本テクニック」メジャー公式がアウトロー“ビタビタ”のスプリットを称賛 「これが見本だ」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「山本由伸による投球の基本テクニック」メジャー公式がアウトロー“ビタビタ”のスプリットを称賛 「これが見本だ」
ドジャースの山本由伸(C)Getty Images

ドジャース山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地でのヤンキース戦に先発登板。3回から5回までヤンキース打線を三者凡退に打ち取るなど、5回74球2安打無失点と好投を続けている。

◆「最高の投球を見せた」山本由伸のヤ軍封じを指揮官絶賛 ジャッジも「12年契約を結んだのには理由がある」と脱帽

■キャンバスに絵を描くかのように

MLB公式Xは、山本が3回裏に投じたアレックス・バドゥーゴ外野手へのスプリットを称賛。93マイル(約149キロ)で外角いっぱいに決まった1球を取り上げ「Painting 101 with Yoshinobu Yamamoto」と投稿。「Painting」は、ストライクゾーンの絶妙な場所へキャンバスに絵を描くかのように投球すること、「101」はアメリカの大学などで基本的な入門コースに使われる番号を指す。

投球の基本テクニックの見本のような1球、山本の精密機械のようなコントロールを高く評価したというわけだ。

また、この試合「2番DH」で先発出場の大谷翔平投手はここまで3打数無安打と快音なし。試合は両チーム無得点、緊迫感のある投手戦が続いている。

◆「ドジャースは特別な投手を手に入れた」ヤンキース封じた山本由伸を米メディア称賛 7回無失点に「まさにエースの仕事」

◆「最高の投球を見せた」山本由伸のヤ軍封じを指揮官絶賛 ジャッジも「12年契約を結んだのには理由がある」と脱帽

◆「メジャーの強打者もエリート級の制球力には太刀打ちできない」MLBスカウトは今永昇太と山本由伸の投球をどう見ているのか