Advertisement

【MLB】大谷翔平「2番DH」スタメン 足ブラブラ“幻惑投法”の左腕コルテスから今季16号アーチで敵地連勝なるか

【MLB】大谷翔平「2番DH」スタメン 足ブラブラ“幻惑投法”の左腕コルテスから今季16号アーチで敵地連勝なるか
ドジャースの大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に「2番DH」で先発出場する。前日の試合では好機に凡退するなど、5打数ノーヒットと振るわず。試合は延長戦の末、ドジャースが勝利した。

◆【速報/動画あり】「オオタニの逆方向へのシングルは美しい」大谷翔平、勝ち越しの左前適時打 巧みな一打にMLB公式も賛辞

■大谷が思わず笑った“超変則”投球

相手先発は、メジャー7年目の左腕ネスター・コルテス投手。2022年に28先発で12勝4敗、防御率2.44と好成績を残したものの、昨季は左肩の故障で13先発に留まり3勝のみと今ひとつ。投球の52.1%を占めるフォーシームは平均91.6マイル(約147.4キロ)とメジャーでは遅い部類だが、カットボール、スイーパー、チェンジアップ、シンカー、スライダーと多彩な変化球を駆使して打者を打ち取る。数々の変則的な投球フォームも特徴で、ブラブラと足を上げたり、クイックで投げ込んだりして打者のタイミングを外してくる。

大谷はコルテスと通算9打席対戦し、9打数1安打。2021年6月の対決では、コルテスの“過剰なフェイント”に大谷が笑ってしまった一幕も。投球モーションを開始しても足踏みを続け、足を上げても踏み出さずにのらりくらり。審判が思わずタイムをかけた場面を覚えているファンもいるだろう。

大谷は過去好相性だった6月に入っても、調子がやや下降気味。盛大なブーイングを浴びせてくるニューヨークのファンを黙らせる、特大の16号アーチをお見舞いしたい一戦だ。

◆【速報/動画あり】「オオタニの逆方向へのシングルは美しい」大谷翔平、勝ち越しの左前適時打 巧みな一打にMLB公式も賛辞

◆「大谷翔平を崇拝して育った」15号を被弾した超大型ルーキーと大谷、“7年越し”の対戦に米記者が感動

◆「大谷翔平たちBIG4の才能が無駄になる」ドジャースは“アキレス腱”の外野陣を補強せよ……ESPN記者が促す

試合情報

ドジャース-ヤンキース
試合開始:日本時間6月9日(日)8時35分
中継情報:NHKBS1/サブ102ch、J SPORTS 4、ABEMAプレミアム、SPOTV NOW、MLB.tv ※一部有料

Advertisement