Advertisement

卓球パリ五輪リザーブ発表、女子は伊藤美誠が外れ現世界20位の木原美悠が選出 男子は17歳松島輝空がメンバー入り

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

卓球パリ五輪リザーブ発表、女子は伊藤美誠が外れ現世界20位の木原美悠が選出 男子は17歳松島輝空がメンバー入り
木原美悠、松島輝空(C)WTT

日本卓球協会は8日、2024年度第1回理事会を開き、パリ五輪団体代表のリザーブ(補欠)選手を決定。女子は木原美悠(木下グループ)、男子は松島輝空(木下グループ)がそれぞれ選出されたと発表した。

◆早田ひな、エースに2冠獲得のチャンス到来 張本智和との混合ダブルスは優勝に王手、シングルスは日本勢での争いか

■世界卓球会見で辞退を示唆

パリ五輪代表で女子は早田ひな(日本生命)、平野美宇(木下グループ)に加えて、団体戦の3人目には張本美和(木下グループ)がメンバー入り。

リザーブ選手には、五輪代表選考ポイントで3位に入った伊藤美誠(スターツ)も候補に挙がっていたが、今年2月の世界卓球の際にメンバー入り辞退を示唆。現世界ランキング20位の木原が選出となった。

男子は張本智和(智和企画)、戸上隼輔(井村屋グループ)に加え、団体メンバーには篠塚大登(愛工大)が選出。篠塚と3人目の座を争った17歳の松島がリザーブ入りした。

なお、パリ五輪の卓球競技は現地時間7月28日から行われる。日本は男女のシングルスと団体戦、早田と張本智が組む混合ダブルスでそれぞれメダル獲得を狙う。

◆仏19歳が伊藤美誠相手の大逆転を振り返る「正直私にとっても驚き」 日本のレジェンドに敬意「長年トップ10に名を連ねてきた」

◆木原美悠が“0-11”からの大逆転を振り返る「戦術がまとまってなかった」 カギを握った指揮官の助言と最終ゲームの壮絶ラリー

◆松島輝空、16歳が殊勲のプレーオフMVP 指揮官も「近年では1番伸びた」と称賛、明かした成長ポイント

Advertisement