Advertisement

早田ひな、平野美宇との“黄金世代対決”をフルゲームの激闘で制す 張本智和との混合ダブルスは制覇、日本のエースが2冠に王手【WTTコンテンダー ザグレブ】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

早田ひな、平野美宇との“黄金世代対決”をフルゲームの激闘で制す 張本智和との混合ダブルスは制覇、日本のエースが2冠に王手【WTTコンテンダー ザグレブ】
早田ひな(C)WTT

卓球の「WTTコンテンダー ザグレブ」は現地時間8日、女子シングルスの準決勝が行われ、世界ランキング5位の早田ひな(日本生命)は同11位の平野美宇(木下グループ)と対戦。フルゲームの末に3-2で勝利し、決勝進出を決めた。

◆2冠狙う“エース”早田ひなと世界8位の15歳・張本美和が激突 パリ五輪でも共闘の現日本女子最強2人がマッチアップ

■強行スケジュールを感じさせず

早田は鄭怡静(台湾)との準々決勝では鋭いフォアを武器にエース対決で完勝。また、張本智和(智和企画)と組んだ混合ダブルスでは決勝に挑み、シン・ユビン、イム・ジョンフンの韓国ペアをフルゲームで下し、一足先に優勝を決めてからシングルスの準決勝に臨んだ。

難敵のベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)をストレートで下していた平野との“黄金世代対決”では、平野のサービスやバックハンドでのレシーブの前に第1ゲームを落とし、第3ゲームも終盤に平野に得点を重ねられ王手をかけられた。しかし、第4ゲームを奪うと、平野の粘りにあった第5ゲームでは、デュースから最後はフォアドライブを沈め、13-11で勝利。逆転でこの激闘を制した。

これで早田は木原美悠(木下グループ)をストレートで下していた張本美和(木下グループ)との決勝へ。混合ダブルスとの2冠獲得に王手をかける形となった。

早田ひな、張本智和ペアが優勝した(C)WTT

◆2冠狙う“エース”早田ひなと世界8位の15歳・張本美和が激突 パリ五輪でも共闘の現日本女子最強2人がマッチアップ

◆平野美宇、世界9位の難敵撃破を中国メディアが評価「重要な場面で冷静さを保った」 伊藤美誠超えのトップ10復帰を予想

◆早田ひな、孫穎莎も評価した成長の跡「勝てて幸運だった」 世界女王が見せた振る舞いも注目「握手の際にラケットで……」

Advertisement