【MLB】「完膚なきまでに叩きのめした」大谷翔平の豪快16号に“大谷マニア”も大興奮 確信歩きの一発にファン熱狂

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【MLB】「完膚なきまでに叩きのめした」大谷翔平の豪快16号に“大谷マニア”も大興奮 確信歩きの一発にファン熱狂
ドジャースの大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番DH」で先発出場。6回の第4打席に今季16号本塁打を放った。大谷は8回終了時点で、2打数1安打1本塁打2打点3四死球3得点1盗塁となっている。

◆【動画あり】大谷翔平、5試合ぶり“183キロ”16号特大アーチでダメ押し 「野球界でもっとも美しい瞬間」

■「一生に一度しか見ることのできない偉大な才能の一人」

ドジャース6点リードで迎えた6回裏の第4打席。1死一塁で大谷は、相手3番手グラント・アンダーソン投手の6球目フォーシームを強振すると、速度114.2マイル(約183.7キロ)、角度23度で舞い上がった打球が右中間スタンド中段へと飛び込んだ。

5試合ぶりの一発に、“大谷マニア”で知られる野球アナリストのベン・バーランダー氏は自身のX(旧ツイッター)で「ショウヘイ・オオタニ、完膚なきまでに叩きのめした今季16号ホームラン(万歳の絵文字)」と興奮気味につづった。

この投稿を見た海外のファンからは「この究極の人間を愛さないことは不可能だ グレート・ショウヘイ、さらに凄くなるね」「私はドジャースのファンではないけれど、一生に一度しか見ることのできない偉大な才能の一人を、腰を落ち着けて楽しもう」などのコメントが寄せられている。

なおドジャースは、続くフレディ・フリーマン内野手にも本塁打が飛び出すなど1イニング4本塁打の猛攻で大量得点。試合は8回が終了し、ドジャースが15-2で大量リードしている。

◆【動画あり】大谷翔平、5試合ぶり“183キロ”16号特大アーチでダメ押し 「野球界でもっとも美しい瞬間」

◆「オオタニのホームランスイングは野球界で最も美しい」大谷翔平の16号アーチを米メディアが称賛

◆「良い感触だった」大谷翔平、5試合ぶり16号アーチ含む“4出塁”で手応え 「明日勝ち越しを決められるように」

Advertisement