【MLB】大谷翔平、「3割40本100打点」達成にトリプルスリーの可能性も 2戦連発で再び上昇の気配、本塁打王も射程圏内

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、「3割40本100打点」達成にトリプルスリーの可能性も 2戦連発で再び上昇の気配、本塁打王も射程圏内
ドジャースの大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席に今季17号アーチを放った。

大谷はこれでチームメイトのテオスカー・ヘルナンデス外野手と並び、リーグトップを走るマルセル・オズナ外野手(ブレーブス)の18号にあと1本差に迫っている。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、2試合連発“169キロ”先制17号アーチ 米メディア興奮「孫たちに話すのが待ちきれない」

■6月序盤の不調を脱したか

大谷は初回、1死走者なしで迎えた第1打席。相手先発ジョン・グレイ投手の6球目スライダーを振り抜くと、速度105.2マイル(約169.3キロ)、角度26度の打球が中堅スタンドへ。飛距離424フィート(約129.2メートル)の特大弾を放った。

大谷はこの試合で打率.311、17本塁打、44打点、15盗塁の成績。6月に入り、調子を崩す時期も経験したが、レンジャーズ相手の2試合連発で、再び上昇気流に乗ろうとしている。

ドジャースは69試合を戦っており、大谷はこのままいけば年間では打率.311、39.9本塁打、103.3打点、35.2盗塁の成績。3割40本やトリプルスリーを狙えるペースで推移しており、100打点の可能性も十分にある。

連日のアーチで本塁打王争いでも首位をとらえ、年間の打撃成績でも自己最高更新を視野に入れる2024年の大谷。ドジャース1年目の打者専念のシーズンで、どのような成績を残してくるのか。

◆記者席に届いた大谷翔平“17号アーチ”の打球音、ファン熱狂の俯瞰映像が話題 「LAに来たら生で観るのは絶対に外せない」

◆「6月の大谷翔平がやってきた」2戦連発となる特大17号に現地記者が興奮 大谷の“猛チャージ”に期待の声

Advertisement


◆「No.17による17本目だ!」大谷翔平、圧巻の2戦連発弾にド軍も大興奮 地元メディアは打球音に注目「特別なもの」