【MLB】「注目されていないが……」公式サイト、カブス鈴木誠也をオールスター候補に指名 同学年の大谷翔平と夢舞台で共演なるか

【MLB】「注目されていないが……」公式サイト、カブス鈴木誠也をオールスター候補に指名 同学年の大谷翔平と夢舞台で共演なるか
カブス・鈴木誠也(C)Getty Images

MLB公式サイトは14日(日本時間15日)、7月16日(同17日)に開催されるオールスターゲームに関する特集を掲載。「各リーグの注目されていないオールスター候補7人」という見出しを掲げ、ビッグネームの陰に隠れているものの球宴メンバーに選出されてもおかしくない選手たちを紹介した。その中で鈴木誠也外野手(カブス)の名前も挙がった。

◆【動画あり】今季初4番の鈴木誠也、バックスクリーンへ8号ソロ 通算42本塁打は“カブスの先輩”に並ぶ、メジャー自身最速ペースで量産中

■カブス勝利時のOPS.970を評価

今年のオールスターゲームはレンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールドで行われる。すでに1次投票は始まっているが、同サイトは「アーロン・ジャッジ、フアン・ソト、ショウヘイ・オオタニ、ムーキー・ベッツ、ブライス・ハーパー、フレディ・フリーマンらいつものスーパースター以外にも、ア・リーグとナ・リーグの両方でオールスターにふさわしい選手はたくさんいる」と記し、さほど注目は集めていないもののオールスタークラスと呼べる7人を紹介した。

その中で、ナ・リーグ外野手部門の一角を占めたのが鈴木。記事によると、カブスが勝利した試合において、鈴木は打率.321、OPS.970という高い数字をマークしているという。そのため「スズキが好調ならカブスも好調」として、チームの勝敗を左右する打者になっていると指摘した。

■侍ジャパンが集結する可能性も

鈴木は右脇腹を痛めて4月中旬から1カ月ほど離脱。離脱前は好調をキープしていたものの、復帰後は不調に悩まされた。しかし、徐々に調子を取り戻し、最近18試合(現地13日時点)では、OPSが離脱前をしのぐ.894にまで上昇した。

メジャーに移籍してから過去2年は出場が叶わず、今年選ばれれば初出場となる。同学年の大谷と夢舞台で共演なるか。山本由伸投手(ドジャース)、今永昇太(カブス)ら侍戦士の集結にも期待が集まる。

◆【動画あり】今季初4番の鈴木誠也、バックスクリーンへ8号ソロ 通算42本塁打は“カブスの先輩”に並ぶ、メジャー自身最速ペースで量産中

◆「大谷翔平を上回った」3打点で勝利に貢献した鈴木誠也に称賛の声 指揮官が好調ぶりに言及「メジャーで2年間過ごして……」

◆鈴木誠也のバットが止まらない「すべてが完璧」 圧巻の2戦連発に米メディア「まさに異次元にいる」と称賛

Advertisement