【宝塚記念/枠順】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

宝塚記念2024の枠順
宝塚記念2024の枠順

JRAは20日、第65回宝塚記念(GI、芝2200m)の枠順を発表した。

春秋グランプリ制覇を目指すドウデュースは4枠4番、GI2勝目を狙うジャスティンパレスは2枠2番、ドウデュースやジャスティンパレスとは初対決となる同世代・ローシャムパークは7枠10番から発走する。

◆【宝塚記念2024予想/データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

■「稍重まで」なら外優勢

例年、阪神の内回り芝2200mで行われる本レースだが、今年は阪神競馬場工事のため京都の外回り芝2200mで行われる。同コースで行われる古馬重賞には京都記念とエリザベス女王杯があるが、開催6日目に行われる牡馬混合重賞でメンバーが厚くなりやすい京都記念の方が条件が近しいだろう。

2014年以降に京都で行われた京都記念、過去8回において、6枠が【3.0.1.9】と最多勝利で勝率は23.1%。次点が4枠の【2.2.1.4】で勝率22.2%は6枠と謙遜なく、複勝率55.6%は抜けてトップだ。ドウデュースとディープボンドは好枠をゲット。ソールオリエンスは6枠と窮屈な枠でなくなり、この馬にとってもプラスになりそう。

全体としては1~4枠【3.3.4.24】、5~8枠【5.5.4.43】と、勝率や複勝率で見るとイーブン。しかし、馬場状態別に見ると、良・稍重の際は1~4枠が【1.1.3.15】勝率5.0%、複勝率25.0%、5~8枠が【4.4.2.27】勝率10.8%、複勝率27.0%と外めの枠が優勢。重馬場の際は前者が【2.2.1.9】勝率14.3%、複勝率35.7%、後者が【1.1.2.16】勝利5.0%、複勝率20.0%と内めの枠が優勢となっている。

重馬場まで渋ると、なるべくロスなく回りスタミナの温存が必要となってくるため内めの枠が台頭しやすいのだろう。一方、良好な馬場状態であれば終いの脚が活かしやすい、外めの枠からの好走馬が増えると考えられそうだ。

先週までの京都の芝レースを見ると、マーメイドSこそアリスヴェリテが逃げ切り勝ちを飾ったが、全体的には外差し優位。週末は雨が降る予報で雨量ははっきりしないが、「稍重まで」なら引き続き差し馬や外枠の馬を中心に考えてよさそう。そうなればブローザホーンやローシャムパークの差しが決まるシーンも十分ありえる。重馬場まで悪化するならディープボンドやベラジオオペラの粘り込みには警戒したい。

◆【宝塚記念2024予想/危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

Advertisement


◆【宝塚記念2024予想/データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【宝塚記念2024予想/高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”