【MLB】「簡単に埋まる穴ではない」大谷翔平、ベッツ離脱について言及 週末は古巣エンゼルス戦「楽しみにしてます」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「簡単に埋まる穴ではない」大谷翔平、ベッツ離脱について言及 週末は古巣エンゼルス戦「楽しみにしてます」
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地クアーズフィールドでのロッキーズ戦に「1番DH」で先発出場。第2打席に一時同点となる走者一掃の3点適時打を放つなど、5打数2安打3打点と結果を残したが、チームはサヨナラ負け。

試合後にはメディアの取材に応じ、左手骨折で長期離脱となったムーキー・ベッツ内野手について言及した。

◆【動画アリ】大谷翔平、満塁で“走者一掃”の適時二塁打 直後にフリーマンの打席で一時勝ち越しのホームイン

■「なんとかカバーしたい」と意気込み

この日は3点ビハインドの2回裏、2死満塁で左中間への走者一掃適時打を放った。今季は満塁時で4打席ノーヒットと振るわなかったが、5度目の機会で初安打と打点を記録。第4打席にも右前打を打ち、4試合連続マルチ安打と好調ぶりを見せた。一方で、6-6の同点で迎えた8回表の第5打席では三球三振に。2死一、二塁の好機を活かせず、9回裏にサヨナラ負けとなった。

大谷は試合後に現地メディアの取材に応じ、「最後(第5打席)打てればもっとよかったですし、満塁の場面(第2打席)で結果的に全員走者をかえすことができたので、良い打席だったかなと思います」と、この日の打席を振り返った。

また、ベッツの長期離脱について問われると「リーダー的存在の選手ですし、なかなか簡単に埋まる穴ではないですが、なんとかカバーしたいという気持ちは皆が持っているかなと思います」と、代役でリードオフマンを務める現状に対して意気込みを明かした。

ドジャースは21日(同22日)から、地元で大谷の古巣エンゼルスとの2連戦が組まれている。大谷は、「(古巣のみんなと会える)そこはもちろん楽しみにしてますし、まあそれはそれとして、まずは明日しっかりとシリーズ勝ち越せるように、そこだけまず集中したいなと思います」と、悔しいサヨナラ負けにも気持ちを切り替えていた。

◆大谷翔平、殿堂入り外野手に並ぶ「42本&19盗塁&8三塁打」 米データ会社が注目、ド軍1年目で記録更新も射程圏内

◆ドジャース、トレードで強打の外野手獲得か ターゲットは大谷翔平と本塁打王を争った26歳 米メディアが補強予想

Advertisement


◆「ドジャースはベッツ、山本由伸の負傷離脱をどう乗り越えるか」公式サイトが分析 補強候補ビシェット、アダメスの獲得は……