【宝塚記念/データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

【宝塚記念/データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

今週は京都競馬場で宝塚記念(芝2200m)が行われる。春競馬を締めくくるグランプリレース。今年はフルゲート割れとなったものの、GI馬4頭をはじめとした精鋭が淀の舞台に集結した。

ここでは、過去10年からプラダリアべラジオオペラにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【宝塚記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

プラダリアに「3.0.0.0」無敗データ

今回が6度目のGI挑戦となるプラダリア。有馬記念、大阪杯と先着を許した馬が複数出走をはたすメンバー構成から前進の見込みは薄い、との戦前評価は否めない。強調材料を見出しにくい1頭との見方が大勢を占めるなか、データ面でお伝えしたい推奨材料はこちら。

・同年の京都記念を4角2番手以下から勝利【3.0.0.0】

なんと該当馬3頭すべてが勝利。このなかには当日単勝オッズ14.2倍のラブリーデイ、同じく9.0倍のサトノクラウンなど配当妙味条件も高い馬も該当しており、関西圏の芝2200m重賞という共通点がある京都記念と宝塚記念の結びつきは極めて強くなっている。

プラダリアについて補足すると、稍重-重成績【2.0.1.0】が示すようにタフな馬場コンディションでこそ真価を発揮するタイプ。週末は雨が降る予報の京都は願ってもないシチュエーションだ。イクイノックスら強い同世代の影に隠れた実力馬の覚醒……そのタイミングは今回なのかもしれない。

■べラジオオペラにのしかかる【0.0.1.5】

プラダリアとは対照的に“0%データ”に該当してしまったのがべラジオオペラだ。前走大阪杯で待望のGI初勝利。4歳世代に囁かれている低レベル説を払拭するには申し分ないレースだったが、再度の馬券内突入に「NO」を突き付けるデータとは?

・前走大阪杯勝ち馬【0.0.1.5】

Advertisement


連対馬ゼロの“0%データ”に抵触。ラッキーライラックやアルアイン、GI昇格前の大阪杯からはラキシスなど、GIでの複数好走歴があった馬がことごとく馬券外に沈んでいる。前走大阪杯勝ち馬×宝塚記念の買い材料は乏しいと言わざるを得ない。

べラジオオペラについて補足すると、芝2200m以上のGIにおける4歳以上のロードカナロア牡馬の成績【0.0.0.5】もネック。現役時代の印象とは異なるステイヤータイプを輩出することがある同産駒とはいえ、GIレベルとなると“血の宿命”が浮き彫りになってしまう印象だ。京都記念では前述のプラダリアと斤量で1キロのアドバンテージがあったにもかかわらず完敗。ここで評価を上げるには至らない。

◆【宝塚記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【宝塚記念2024予想/追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【宝塚記念2024予想/全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”