【宝塚記念/前日オッズ】“単勝2.9倍以下なら”春秋グランプリ制覇濃厚か 2桁オッズの4歳馬は「馬券内率6.3%」で苦戦

宝塚記念2024の枠順
宝塚記念2024の枠順

JRAは22日、第65回宝塚記念(GI、芝2200m)の前日最終オッズを発表した。

ファン投票圧倒的1位のドウデュース(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は単勝2.2倍で1番人気、GI2勝目を狙うジャスティンパレス(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)が単勝4.2倍で2番人気。

以下、ブローザホーン(牡5、栗東・吉岡辰弥厩舎)が単勝8.5倍で3番人気、ベラジオオペラ(牡4、栗東・上村洋行厩舎)が単勝12.4倍で4番人気。

◆【宝塚記念2024予想】芸能人・予想家の本命・注目馬予想まとめ 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

■単勝10倍以上の4歳馬に「0.0.1.15」

過去10年、1番人気は【3.2.0.5】、このうち単勝2.9倍以下は【3.1.0.3】で、前年の有馬記念勝ち馬だったイクイノックスとクロノジェネシスは春秋グランプリ制覇を果たしている。初の京都、道悪想定と懸念材料はあるが、近年の流れからドウデュースもその資格は十分。

単勝オッズ1桁台は【7.3.5.22】、このうちノーザンファーム・社台ファーム生産馬が【5.2.3.17】勝率18.5%、複勝率37.0%で、それ以外が【2.1.2.5】勝率20.0%、複勝率50.0%。勝率、連対率に大きな差はないが、複勝率50.0%なら非ノーザン・社台系でも中心視可能。ブローザホーンは馬場が向きそうだし嫌うのは危険だろう。

単勝100倍以上は【0.0.1.37】で2020年の3着馬モズベッロのみ。好走馬は基本的に2桁オッズまで。10.0~99.9倍は【3.7.4.60】、このうち4歳馬が【0.0.1.15】、5歳馬が【3.3.3.17】、6、7歳が【0.4.0.22】と、4歳馬の複勝率は最も悪い6.3%。ベラジオオペラやソールオリエンスにとって嫌なデータだ。

また牝馬は2桁オッズでも【1.2.3.7】複勝率46.2%、複回収値342と好成績を収めている。ルージュエヴァイユは馬場が渋るのはマイナスであるものの、押さえておいて損はないだろう。

馬連は(2)ジャスティンパレス-(4)ドウデュースが4.7倍、3連複は(2)ジャスティンパレス-(4)ドウデュース-(12)ブローザホーンが12.0倍、3連単は(4)ドウデュース→(2)ジャスティンパレス→(12)ブローザホーンが36.7倍で1番人気。ドウデュースが馬券に絡まない3連単は(2)ジャスティンパレス→(12)ブローザホーン→(3)ベラジオオペラの組み合わせで194.3倍となっている。

Advertisement


■22日・前日最終オッズ

人気馬名単勝
1ドウデュース2.2
2ジャスティンパレス4.2
3ブローザホーン8.5
4ベラジオオペラ12.4
5プラダリア13.0
6ローシャムパーク13.9
7ソールオリエンス18.1
8シュトルーヴェ19.8
9ディープボンド19.9
10ルージュエヴァイユ31.3
11カラテ106.7
12ヒートオンビート112.5
13ヤマニンサンパ123.2

※出馬表・結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。

◆【宝塚記念2024予想/大口投票パトロール】 ジャスティンパレスの単勝に280万円か ドウデュースにも“単勝200万円超”を含む大口連発

◆【宝塚記念2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【宝塚記念2024予想/穴馬アナライズvol.2】「調教パターン見直しで急上昇、人気ガタ落ちで買いの一手」 前日“8人気”前後の穴馬

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”