【MLB】大谷翔平、第3打席“176キロ”勝ち越し適時打で3試合ぶりマルチ安打 メジャー公式も称賛「ショウヘイは止められない」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、第3打席“176キロ”勝ち越し適時打で3試合ぶりマルチ安打 メジャー公式も称賛「ショウヘイは止められない」
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地でのホワイトソックス戦に「1番DH」で先発出場。初回の第1打席に先制24号、同点の4回表には勝ち越しの適時打を放ち3試合ぶりのマルチ安打を記録した。

◆【実際の動画】膝元カットボールを“技アリ”の一打!大谷翔平が勝ち越し適時打でドジャース再びリード

■一、二塁間を抜く貴重な適時打

前日の試合では3打数ノーヒットと快音は響かずも、2点差の最終回に貴重な犠飛を放った大谷。この日は序盤から打撃絶好調、先制点アーチに勝ち越し適時打と快打を連発している。

3-3の同点で迎えた4回表の第3打席。2死一、三塁で大谷は、相手先発クリス・フレクセン投手の2球目膝元のカットボールを巧みに捉えると、打球は速度109.5マイル(約176.2キロ)で一、二塁間を抜けて行った。これで三塁走者が生還、貴重な勝ち越し適時打を記録した。MLB公式Xも「ショウヘイは止められない」と絶賛の一打だった。

この試合、大谷は3打数2安打で打率.322まで上昇。試合は4回表を終わり、ドジャースが4-3でリードしている。

◆【速報/動画アリ】止まらない大谷翔平、初回先頭打者で“技アリ”24号アーチ 「9試合連続打点」球団タイ記録に

◆「地球上でもっとも偉大なショー」大谷翔平の先頭打者24号アーチに地元メディア興奮 「もうすぐあなたの街にもやってくる」

◆大谷翔平、打者専念で見せる異次元スタッツ 打撃三部門タイトルにトリプルスリー、イチロー以来の“偉業”も視界