【MLB】「お帰りなさい!フジ」藤浪晋太郎、マイナー復帰登板で最速158キロ “背番号33”のユニフォーム姿には「似合わなさが異常」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「お帰りなさい!フジ」藤浪晋太郎、マイナー復帰登板で最速158キロ “背番号33”のユニフォーム姿には「似合わなさが異常」
メッツの藤浪晋太郎(C)Getty Images

メッツに所属する藤浪晋太郎投手は右肩を痛めて60日間の故障者リスト(IL)入りしている。そんななか、マイナー傘下のルーキーリーグで実戦登板し、先発として1イニングを投げ、無安打1奪三振無失点の成績だった。

◆【実際の映像】藤浪晋太郎のマイナー復帰に「お帰りなさい!フジ」と歓迎 珍しい“背番号33”にも注目の投球シーン

■オリオールズからメッツと1年契約

藤浪はオリオールズからフリーエージェントとなっていた今年の2月にメッツと契約合意。335万ドル(約5億円)の1年契約を結んで加入したがメジャーでの登板はなく、マイナー3Aのシラキュースで9試合に登板して勝敗なし、防御率14.09となっていた。

25日(同26日)にマイナーリーグで実戦復帰を果たした藤浪は、1回を投げ無安打1奪三振無失点を記録。最速は98マイル(約157.7キロ)をマークするなどまずまずのリハビリ登板となった。

藤浪のこの投球には「お帰りなさい!フジ」と球団のアカウントもつづり、背番号33で投球する姿を公開。『藤浪の背番号33。似合わなさが異常』と自身のインスタグラムでも言及したなか、「ここから少しずつ改善を重ねて、早くメジャーリーグに上がれるように頑張りますので、応援して頂けると幸いです」とコメントした。

メッツでは昨季新人ながら12勝を挙げた千賀滉大投手も右肩のけがでIL入りしており、メジャーでの日本投手2人の共闘にも期待が高まる。

◆WBC最年少右腕から現役最年長左腕まで プロ野球における背番号19の選手たち

◆メッツ藤浪晋太郎の初登板を「鮮烈な春デビュー」と地元メディア評価 指揮官も「彼は本当に良かった」

◆藤浪晋太郎はリリーフをやるべき 公式データが示す“100マイル超え”のフォーシーム「136球」

Advertisement