【MLB】Aロッド以来の“遊撃手50発超え”も視野、昨季新人王ヘンダーソンが「勝利貢献度」でも全選手トップに

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】Aロッド以来の“遊撃手50発超え”も視野、昨季新人王ヘンダーソンが「勝利貢献度」でも全選手トップに
オリオールズのガナー・ヘンダーソン(C)Getty Images

オリオールズガナー・ヘンダーソン内野手が26日(日本時間27日)、本拠地でのガーディアンズ戦に「1番遊撃」で先発出場。今季26号本塁打を含む、4打数3安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。昨季のア・リーグ新人王は、米データサイトが算出した勝利貢献度でも全選手トップに立っている。

◆【動画アリ】ジャッジ猛打爆発の陰で、忍び寄る“超新星”ヘンダーソンが26号アーチ 公式も絶賛の22歳「まさにMVP候補」

■球宴ホームランダービーに意欲「やってみたい」

2019年のドラフト2巡目全体42位でオリオールズに入団したヘンダーソンは、22年にメジャー初昇格。昨季ア・リーグ新人王に輝くと、今季は79試合で26本塁打とアーチを量産。リーグトップ30本塁打のアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)を追走している。

ヘンダーソンはこの試合でも、貴重な一打でチームの勝利に貢献。オールスターゲームのファン投票「遊撃手部門」で現在リーグトップに立つ22歳のスラッガーは、同イベント前夜に開催されるホームランダービーにも「やってみたい、面白そうだ」と強い興味を示した。

米データサイト『Baseball Reference』が算出した、勝利貢献度を示す指標「WAR(Wins Above Replacement)」では現在「5.8」を記録し、両リーグでトップに。負担の大きい遊撃手としての守備も高く評価されている。ライバルのジャッジが2位の「5.6」で、このまま行けば二人がア・リーグMVPを争うことになるだろう。

遊撃手としてシーズン50本塁打を超えたのは、日本でもお馴染み「Aロッド」ことアレックス・ロドリゲス氏のみ。急成長を見せる次代のスラッガー、ヘンダーソンの快進撃はどこまで続くのか。今後のパフォーマンスにも注目してほしい。

◆【動画アリ】ジャッジ猛打爆発の陰で、忍び寄る“超新星”ヘンダーソンが26号アーチ 公式も絶賛の22歳「まさにMVP候補」

◆ジャッジ、メジャー30号一番乗りで見据える2度目の“60本塁打”とMVP獲得 2022年とのスタッツ比較に注目

◆ゲレーロJr.がヤンキース移籍に向けて「態度を軟化」 トレード市場に大きな波紋「これはビジネス」

Advertisement