【MLB】大谷翔平、月間MVP受賞で“前人未到”の快挙達成へ勢い付けるか……ライバルは負傷中の前半戦MVP

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、月間MVP受賞で“前人未到”の快挙達成へ勢い付けるか……ライバルは負傷中の前半戦MVP
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、敵地・ジャイアンツ戦に「1番DH」で先発出場。6月最終戦では5試合ぶりの無安打に倒れ、チームも4-10と大敗した。

一方で、大谷は打率と本塁打数でナ・リーグ1位を維持しており、自身5度目の月間MVP受賞が有力視されている。

◆【最新】大谷翔平、リーグトップの12本塁打24打点も6月月間MVPならず……ナはハーパー、アはジャッジが2カ月連続受賞

■前半戦MVP受賞者との一騎打ちか

前日の同戦では26号ソロを放ち、ナ・リーグ2位のマルセル・オズナ外野手に5本差をつけた大谷。最終戦では無安打に倒れるも、シーズン成績では依然“2冠”をキープしており、打点でもトップまで5点差と“3冠”も射程圏内に捉えている。

6月の大谷は26試合に出場し、99打数29安打(12本塁打)24打点26得点20四球で打率.293、長打率.697、OPS1.110をマーク。本塁打数、打点、得点、四球数でリーグ1位を記録した。

そんな大谷が月間MVPを競うライバルが、現在負傷者リスト入りしているものの、前半戦MVPに選出されたフィリーズのブライス・ハーパー内野手。6月は23試合に出場し、91打数34安打(7本塁打)16打点20得点13四球で打率.374、リーグトップの長打率.714とOPS1.166をマーク。打率、長打率、OPSで大谷の記録を超えており、6月度の月間MVPは大谷とハーパーの一騎打ちになることが予想される。

大谷はシーズン成績でもここまで出場した82試合で、323打数102安打(26本塁打)62打点67得点45四球で打率.316、長打率.635、OPS1.034の成績を残しており、得点、本塁打、打率、長打率、OPSで“5冠”をキープ。年間MVPの最有力候補とも目されている。

今季大谷が受賞すれば、指名打者として初、さらには異なるリーグで2年連続受賞という、“前人未到”の2つの快挙が達成されることになる。偉業が絡むナ・リーグ年間MVPへ弾みをつける、月間MVP獲得なるか。

◆ジャッジの三冠に待ったをかける“幻のWBC戦士” 高打率のクワンが規定打席到達目前、首位打者争いに参戦へ

Advertisement


◆「オオタニはこの世のものではない」大谷翔平、驚愕の27号に現地記者脱帽 打球の行方に注目「驚異の433フィート」

◆大谷翔平を上回りジャッジが“メジャー打撃三冠” 首位打者浮上に驚愕のOPS、米メディアも注目「歴史的な数字」