【MLB】大谷翔平、リーグトップの12本塁打24打点も6月月間MVPならず……ナはハーパー、アはジャッジが2カ月連続受賞

Advertisement

【MLB】大谷翔平、リーグトップの12本塁打24打点も6月月間MVPならず……ナはハーパー、アはジャッジが2カ月連続受賞
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

MLB公式は2日(日本時間3日)、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表。ナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー内野手が、5月に続く2カ月連続の月間MVPを受賞した。

◆【最新】“10戦7発”大谷翔平「1番DH」スタメン 2試合連発リーグ独走28号アーチで同地区対決連勝なるか

■ナはハーパー、アはジャッジが受賞

昨年7月以来、自身5度目の月間MVP受賞が期待されたドジャース・大谷翔平投手だったが、ハーパーに阻まれた。

6月の大谷は26試合に先発出場。月間打率.293、3試合連続アーチ含む12本塁打、24打点、OPS1.110はリーグトップ。球団新となる10試合連続打点の記録を更新するなど「6月男」ぶりを発揮した。

Advertisement


一方のハーパーは6月27日(同28日)の試合で左太もも裏を痛め戦線離脱したが、23試合に出場。7本塁打と16打点は大谷を下回るも、月間打率.374はリーグ2位、長打率.714とOPS1.166はリーグトップを記録。自身4度目の月間MVPを受賞した。

ア・リーグは現在打撃3部門でトップを走るヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が2カ月連続の受賞。ジャッジは25試合に出場し、両リーグトップの打率.409と37打点、同2位の11本塁打をマーク。出塁率.518、長打率.864、OPS1.378と驚異的な数字を残し、自身8度目の月間MVPに選出。両リーグでの2カ月連続受賞は史上初となった。

◆【動画あり】大谷翔平、驚愕27号直後の“確信歩き”に注目 争奪戦のHRボールが観客直撃、ベンチではひまわりの種シャワーで祝福

◆大谷翔平を上回りジャッジが“メジャー打撃三冠” 首位打者浮上に驚愕のOPS、米メディアも注目「歴史的な数字」

Advertisement


◆大谷翔平とジャッジに期待かかる91年ぶりの偉業 昨季までMVPライバルの両雄が「両リーグ三冠王」へ挑む

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement

  • 【MLB】大谷翔平、史上6人目の「40-40」は困難か ベッツ復帰後2番に戻ると……「盗塁数が伸びない」と米メディア懸念 17k件のビュー
  • 【MLB】大谷翔平にフォーシームは通じない ジャッジを超えた全打者トップを示す得点期待値「+16」 16.5k件のビュー
  • 【MLB】「いつもサマーキャンプみたいな男」同僚グラスノーが明かす大谷翔平の素顔 「毎日変わらない、クレイジーだよ」 15.1k件のビュー
  • 【MLB】“AS初アーチ”の大谷翔平よりも……ド派手なガッツポーズ見せたフリーマン 「みんなフレディみたいになる」球団公式も爆笑 6k件のビュー
  • 【MLB】大谷翔平、球宴1号にジャッジとソトも唖然……公式サイトは“打球音”にも注目「とにかく違う」 1.9k件のビュー