張本美和、世界7位に急成長の16歳がパリ五輪前最後の国際大会 中国、韓国勢に伊藤美誠も揃う大混戦を制するか【WTTスターコンテンダーバンコク】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

張本美和、世界7位に急成長の16歳がパリ五輪前最後の国際大会 中国、韓国勢に伊藤美誠も揃う大混戦を制するか【WTTスターコンテンダーバンコク】
張本美和(C)WTT

卓球の「WTTスターコンテンダーバンコク」は4日から本戦が開幕する。今大会は26日に開幕を控えるパリ五輪前としては最後の国際大会ということもあり、各選手の調整具合も注目される。

パリ五輪の女子団体戦メンバーとして出場予定の張本美和(木下グループ)。急速な成長ぶりで本大会メンバー入りした16歳は、好調を維持したままパリ前最後の国際大会を終えられるか。

◆張本美和は「チュニスでの地位を確固たるものにした」 思い出の地で連覇に公式も賛辞「間違いなく心に刻まれる街」

■世界のトップ選手へ“格上げ”

張本美は五輪過去2大会連続メダリストの伊藤美誠(スターツ)との争いを制しメンバー入り。その後も国際大会で順調に実績を積むと、自身初の世界トップ10入りを果たし、最高位となる7位に位置する。攻守に安定した戦いぶりで、若手の有望株から世界トップ選手へと格を上げた。

そんな張本美は直近の「WTTコンテンダー チュニス」では第1シードとして挑んだなか順当に勝ち上がり、大藤沙月(ミキハウス)との同士討ちでも4-0で勝利し圧倒。パリへ向けて1カ月を切ったなかでもいいコンディションを維持しているとみていい。

張本美は今大会シングルスでは第2シードに入っており、第1シードの陳幸同(中国)、第3シードのシン・ユビン(韓国)らと優勝を争う。また、世界9位のベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)、同10位の伊藤もこの大会にはエントリーしており、実力者が揃うなかの戦いとなる。

自身初の大舞台が迫るなか、順調な成長曲線を描きパリへ歩みを進める張本美。五輪前最後の国際大会でどのような戦いで優勝に絡めるかは注目したい。

◆張本美和は「チュニスでの地位を確固たるものにした」 思い出の地で連覇に公式も賛辞「間違いなく心に刻まれる街」

◆【インタビュー】「卓球より勉強が大事」張本美和が語った過去、今、未来 家族と女王への想い…見据える世界一「五輪金が最大の夢」

Advertisement


◆東京五輪金・陳夢と激闘の張本美和が最大の収穫「正直4回目の対戦で……」 パリでの団体金を狙う“最強トリオ”の現在地