【MLB】「いい感覚が継続してきてる」27号の大谷翔平、打撃絶好調で手応え テオスカーが“元同僚打ち”でド軍サヨナラ

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「いい感覚が継続してきてる」27号の大谷翔平、打撃絶好調で手応え テオスカーが“元同僚打ち”でド軍サヨナラ
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に「1番DH」で先発出場。7回裏の第4打席で一時逆転となる27号2ランを放つなど、5打数3安打2打点の活躍でチームのサヨナラ勝ちに貢献した。

◆【動画アリ】大谷翔平、2試合ぶり“180キロ”特大27号逆転2ラン 「メジャー通算500打点」超え

■「フレディもテオも素晴らしかった」

大谷は6月に打率.293、12本塁打、24打点、OPS1.110と絶好調。7月最初の試合も序盤から安打を重ねると、劣勢の場面で値千金の一打を放って圧倒的な存在感を示した。

ドジャース1点ビハインドで迎えた、7回裏の第4打席。大谷は相手3番手ジャスティン・マルティネス投手から、右中間スタンド中段への逆転2ランをマーク。飛距離433フィート(約131.9メートル)の一打は、メジャー通算501打点目となる27号本塁打となった。

試合はその後ドジャースが再びリードを許すも、最終回に打線が奮起。相手クローザーのポール・シーウォルド投手を攻め立てると、フレディ・フリーマン内野手が同点適時二塁打、テオスカー・ヘルナンデス外野手が“元同僚”相手に勝ち越し左前適時打を放って、6-5でサヨナラ勝ちを果たした。

試合直後、日本メディアのインタビューに応じた大谷は「本当に最後は難しいシチュエーションだったと思うんですけど、フレディもテオも素晴らしかった」と、最終回の“逆転劇”を演出した同僚たちを手放しで称えた。

自身の本塁打に関しては「何とか繋ぐことだけ考えて……結果的に本塁打になりましたけど、いいバッティングだったかなと思います。いい感覚が継続してきてるかなと思うので、まだまだ後半もありますし、まずはこの感覚をしっかり大事にしたい」と、笑顔を見せた。

◆【動画アリ】大谷翔平、2試合ぶり“180キロ”特大27号逆転2ラン 「メジャー通算500打点」超え

◆「オオタニはこの世のものではない」大谷翔平、驚愕の27号に現地記者脱帽 打球の行方に注目「驚異の433フィート」

Advertisement


◆同僚ドジャース投手陣が指摘 打者・大谷翔平が誇る唯一無二のユニークな能力とは……「必ず対応してくる」