【MLB】大谷翔平、左前打と今季21盗塁目でチャンスメーク 打球は“元同僚”マーシュの元へ

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、左前打と今季21盗塁目でチャンスメーク 打球は“元同僚”マーシュの元へ
第2打席に左前打を放った、ドジャース・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY SPORTS

ドジャース大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番DH」で先発出場。3回表の第2打席に左前打を放ち、今季21個目の盗塁を成功させた。

◆【実際の動画】大谷翔平、詰まったあたりの左前打が元同僚マーシュの元へ 3試合連続、今季21個目の盗塁にも成功

■序盤から劣勢の試合に

前回の試合では5打数1安打2盗塁、足でも存在感を見せた大谷。この日も序盤から安打で出塁し、自慢の足で反撃のきっかけを作った。

ドジャース3点ビハインドで迎えた第2打席。1死走者なしで大谷は、相手先発ザック・ウィーラー投手の2球目高めカットボールを詰まりながらも振り抜くと、緩い打球は、エンゼルス時代の元同僚ブランドン・マーシュ外野手が守る左翼前へポトリ。3番フレディ・フリーマン内野手の打席で今季21個目の盗塁を決めた。後続が凡退し、得点には至らず。

大谷はここまで2打数1安打1盗塁で打率.315。試合は3回表が終了、ドジャースが0-3でリードを許している。

◆大谷翔平、“二刀流選手”活躍の火種となるか…… 専門家が考察「リーグは育成に二の足を踏んでいる」

◆「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」

◆大谷翔平、米データ社が言及した「50-30」の可能性 トリプルスリーにボンズ氏らに並ぶ6人目の快挙も射程圏内