【MLB】「勝ってみんなで喜び合えた」吉田正尚、9回2死からの同点2ラン 宿敵ヤンキース戦を制し笑顔

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「勝ってみんなで喜び合えた」吉田正尚、9回2死からの同点2ラン 宿敵ヤンキース戦を制し笑顔
レッドソックス・吉田正尚(C)ロイター/ USA TODAY Sports

レッドソックス吉田正尚外野手が5日(日本時間6日)、敵地でのヤンキース戦に「7番DH」で先発出場。劣勢の9回表に起死回生の同点3号2ランを放った。試合は延長10回に勝ち越したレッドソックスが、5-3で勝利している。

◆【動画アリ】“あと1球”で敗戦……吉田正尚が宿敵ヤンキース戦で起死回生の同点2ラン 「ヨシダがやったぞ」現地実況も大興奮

■「いい場面で打てた」

苦戦が続いているメジャー2年目の吉田。左手親指痛から復帰後も出場機会にも恵まれず、前日まで打率.259、2本塁打、OPS.672と本来の実力を発揮できずにいた。

この日の吉田は、第3打席まで快音なし。レッドソックス2点ビハインドで迎えた、9回表の第4打席。2死二塁で吉田は、相手抑えのクレイ・ホームズ投手の8球目シンカーを鮮やかに捉えて右翼スタンドへの同点2ランを叩き込んだ。

吉田は試合後に地元メディアの取材に応じると、「いい場面で打てたのもあるし、最後勝ってみんなで喜び合えたのが良かった」と、笑顔を見せた。キャリアで一番のハイライトかと問われると「そうですね、場面としては。場所も含めて」と、会心の一打を穏やかな口調で振り返った。

試合は、延長戦を制した東地区3位のレッドソックスが5-3で勝利。2位のヤンキースに4.5ゲーム差と迫っている。

◆【動画アリ】“あと1球”で敗戦……吉田正尚が宿敵ヤンキース戦で起死回生の同点2ラン 「ヨシダがやったぞ」現地実況も大興奮

◆「打率.360」今季空振り“わずか21回”の安打製造機クワン、規定打席到達でジャッジの三冠阻止へ急浮上

◆「野球界に多大な貢献」大谷翔平の“30歳バースデー”を米メディアが一斉に祝福 公式は幼少時代の写真を投稿

Advertisement