【MLB】「オオタニのトリプル」大谷翔平、28号ならずも右中間への会心162キロ三塁打 全打席出塁で打率は.314

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「オオタニのトリプル」大谷翔平、28号ならずも右中間への会心162キロ三塁打 全打席出塁で打率は.314
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのブルワーズ戦に「1番DH」で先発出場。6回の第4打席に三塁打を放った。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、30歳初アーチは右中間への177キロ弾丸ライナー 今季28号でメジャー通算200本塁打まで「1」

■相手の警戒をかいくぐる

大谷はこの試合相手の警戒の前に2四球1死球1盗塁で全打席出塁。迎えた第4打席にバットで見せた。

大谷は6回2死走者なしで迎えた第4打席、2番手ブライス・ウィルソン投手の6球目のカットボールを強振。打球速度100.6マイル(約161.9キロ)の打球は24の角度へ右中間へ。惜しくもフェンス越えはならなかったものの、大谷は軽快な走塁で三塁を陥れた。

大谷は今季3つ目の三塁打となり、1打数1安打2四球1死球で打率を.314に上げている。

試合はドジャースが6回終了時、3-2でリードを守っている。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、30歳初アーチは右中間への177キロ弾丸ライナー 今季28号でメジャー通算200本塁打まで「1」

◆大谷翔平、177キロ弾丸28号に右中間への三塁打 「スーパースターにとって素晴らしい一日」と現地記者が激賞

◆【動画あり】「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」

Advertisement