【MLB】「日本語を勉強している」22歳の怪物スラッガー・デラクルーズ、球宴で話すのが最も楽しみな選手に大谷翔平と回答

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【MLB】「日本語を勉強している」22歳の怪物スラッガー・デラクルーズ、球宴で話すのが最も楽しみな選手に大谷翔平と回答
レッズのエリー・デラクルーズ(C)Getty Images

レッズエリー・デラクルーズ内野手が7日(日本時間8日)、自身初となるオールスターゲーム(球宴)出場に向けての意気込みを語り、ドジャース大谷翔平投手についても言及した。

◆【動画あり】「彼が本当に実在するのか確かめるために」大谷翔平の神対応に感動の声 “ツンツン”した22歳デラクルーズが舞台裏を明かす

■大谷との塁上でのやり取りが、国内外で話題に

16日(同17日)に開催される2024年オールスターゲーム。22歳のデラクルーズは、ナ・リーグ遊撃手として選出されていたドジャースのムーキー・ベッツ内野手が左手骨折で出場できなくなったことを受け、選手間投票で次点だったため繰り上げで出場を決めた。デラクルーズは打率.247、15本塁打、39打点、両リーグ断トツの43盗塁をマークしている(メジャー2位は、ブルワーズ所属のブライス・トゥラング内野手で29盗塁)。

現地メディア『FOX19』のジョー・ダネマン記者は、デラクルーズのインタビュー動画とコメントを自身のX(旧ツイッター)に投稿。デラクルーズは「ただ行って楽しみたいだけ。オールスターゲームだからね。ただ楽しみたいだけ」と初出場となる球宴を心待ちにした。

また、同記者は「(デラクルーズは)球宴でどの選手と話すのを最も楽しみにしているかと尋ねられた。ショウヘイ・オオタニと話すために日本語を勉強していると明かした」と伝えた。動画では、穏やかな笑顔で回答するデラクルーズの姿を見ることができる。

デラクルーズは昨季、大谷を二塁上で“ツンツン”して満面の笑顔で言葉を交わすシーンが話題となり、今季3月のインタビューでは、当時大谷と交わした会話等の舞台裏を明かすなど度々話題をさらっている。球宴で再び22歳の怪物スラッガーと大谷の談笑が実現するのだろうか。

◆【動画あり】「彼が本当に実在するのか確かめるために」大谷翔平の神対応に感動の声 “ツンツン”した22歳デラクルーズが舞台裏を明かす

◆大谷翔平、両リーグ最速30盗塁到達のデラクルーズを称賛「素晴らしい選手」 イチロー以来の4安打4盗塁を達成

◆「110盗塁ペース」22歳の怪物デラクルーズが速すぎる……ドジャース戦で“1試合4盗塁”の荒稼ぎ

Advertisement