【MLB】大谷翔平、米データ社が言及した「50-30」の可能性 トリプルスリーにボンズ氏らに並ぶ6人目の快挙も射程圏内

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、米データ社が言及した「50-30」の可能性 トリプルスリーにボンズ氏らに並ぶ6人目の快挙も射程圏内
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地でのブルワーズ戦に「1番DH」で先発出場。5打数1安打で打率は.314。2つの盗塁を決めた。

これで大谷は今季の盗塁数を20に伸ばし、ナ・リーグでは5位タイ。トリプルスリーやメジャー史上初の「50本塁打30盗塁」達成も視界に入る活躍を見せている。

◆「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」

■「40-40」達成者は過去5人

大谷はブルワーズ戦で3回に中前打で出塁すると、フレディ・フリーマン内野手の打席で二盗を成功。さらにテオスカー・ヘルナンデス外野手の打席ではフリーマンとのダブルスチールを成功させ、今季2度目の複数盗塁を決めた。

大谷は打率.314、28本塁打に加えて20盗塁と年間では35盗塁ペースとなっており、トリプルスリーの可能性を十分に残す。さらに、バリー・ボンズ氏(1996年)やアレックス・ロドリゲス氏(1998年)などメジャー史上で5人しかいない「40本塁打40盗塁」も視界に入っている。

さらに、米データサイト『Codify』のX(旧ツイッター)は「50本塁打と30盗塁を記録したMLB選手を想像してみてください」と投稿。「今までそんな選手はいなかったけれど、ショウヘイはすでに28本に20盗塁を記録しているんだ」とメジャー史でも前例がない「50本塁打30盗塁」達成の可能性にも言及している。

ドジャース移籍1年目で打者専念のシーズンを迎えているなか、歴代でも最高級のパワーとスピードを併せ持つ大谷には快挙達成に期待が膨らむ。指名打者ながら年間MVPの候補にも挙がるスーパースターの今季には注目が集まる。

◆「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」

◆大谷翔平は“デーゲームが得意”なのか、日本のファンが寝ている間に猛打連発 打撃成績を比較すると……

Advertisement


◆【動画あり】大谷翔平、内野手もお手上げの“盗塁劇”でメジャー最速「20本塁打20盗塁」に到達 二塁上では談笑も