【MLB】今永昇太らと並び元NPBの2年連続セーブ王が球宴選出 防御率1点台のパドレス守護神・スアレスが渡米3年目で大舞台へ

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

守護神としてパドレスを支えるスアレス
守護神としてパドレスを支えるスアレス(C)Getty Images

MLBは16日(日本時間17日)にグローブ・ライフ・フィールドで開催されるオールスターの出場選手を発表し、パドレスロベルト・スアレス投手が選出された。

2016年からソフトバンクでプレーし、20年から加入した阪神で2年連続セーブ王に輝いた右腕がメジャー移籍3年目にしてパドレス不動の抑えとして大舞台への道を開いた。

◆【動画あり】今永昇太のオールスター出場を、同僚らが笑顔で祝福 指揮官も絶賛「偉大な選手の証、評価を受けるにふさわしい」

■ソフトバンク、阪神で活躍

スアレスはソフトバンク在籍時の2016年に58試合に登板するなどセットアッパーとして活躍。その後、阪神では抑えを任されると、20年には25セーブ、21年には42セーブを挙げタイトルを獲得。同年オフにパドレスと契約し海を渡った。

2シーズンをパドレスで過ごして迎えた今季は守護神として台頭。ここまで36試合に登板し、4勝1敗1ホールドでナ・リーグ3位の22セーブ。防御率も1.77と抜群の安定感でチームを支えている。

スアレスはドジャースのタイラー・グラスノー投手やカブスの今永昇太投手、パイレーツのポール・スキーンズ投手らとともに名を連ねた。日本時代の2021年にNPBでオールスター出場を果たしているスアレスだが、メジャーでも不動の抑えとして成長した33歳の右腕がアメリカの地でも球宴のマウンドに登るのかは注目が集まる。

◆【動画あり】今永昇太のオールスター出場を、同僚らが笑顔で祝福 指揮官も絶賛「偉大な選手の証、評価を受けるにふさわしい」

◆今季の活躍ぶりを独自評価…元NPB助っ人たちの“通信簿” 守護神スアレスは文句なし「S」評価

◆大谷翔平と名勝負演じた“怪物右腕”スキーンズ、わずか9先発で初登場トップ 今永昇太はNL3位に「新人王模擬投票」

Advertisement