【超RIZIN.3】朝倉未来、平本蓮戦で約8年半ぶりの“一本勝ち”を示唆 「過去最強の姿を見せたい」

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【超RIZIN.3】朝倉未来、平本蓮戦で約8年半ぶりの“一本勝ち”を示唆 「過去最強の姿を見せたい」
朝倉未来、榊原信行CEO、平本蓮(C)RIZIN FF

総合格闘家の朝倉未来は7日、自身のYouTubeのサブチャンネルを更新。

28日に開催される「Yogibo presents 超RIZIN.3」のメインマッチで対戦する平本蓮について言及した。

◆朝倉未来、「テイクダウン能力、極めの強さとか強くなってる」と“総合力”に自信 平本蓮戦は「バチバチの試合にする」

■「アイツってタップするのかな?答え合わせを見てみましょう」

朝倉は高尾山に向かう車中で動画を撮影。そのなかで「負けたら必ず引退」を宣言した“因縁”の一戦について語った。

6日に行われた『FACE OFF』イベントで数カ月ぶりに平本と対峙した朝倉は、「勝ったな、と言うか。俺、自信しかないからさ。(平本に)自信がないように見えた。間違いなく俺が勝つから関係ないけど」と自信満々。

「イケイケな未来が戻ってきた」と喜ぶファンについては、「気持ち的にはそうかも。リングに上がるときは『生き残って帰ってくる』という気持ちで行くけど、今回は殺しに行くよね」とし、「どれだけ稼いだり、他のことで成功しても、格闘技なんか命がけじゃん。だから、『本当に死んでもいい』という気持ちでリングに立ってるし、いつもと本当に違うかも。仕留めてやるって感じ」と試合前の心境を明かした。

「1ラウンドで仕留めるつもりなので」。朝倉はそう宣言すると、「アイツってタップするのかな?俺、タップするタイプだと思うけど……失神させてやろうか。俺、予想言っておいていい?結構早めにタップする方だと思う。まあ、答え合わせを見てみましょう」と、“一本勝ち”を示唆した。

朝倉は引退宣言を撤回した平本には「その覚悟の違いが出るんじゃない」とし、「俺は相手どうこうよりも、『俺の過去最強の姿をファンの人に見せたい』という気持ちの方がでかい。アイツがどれだけ仕上げてくるかによって、レベルの高い俺が見せられる。アイツが弱かったらすぐ終わっちゃうだろうしさ。あっちも人生を掛けてくると思うから、油断もまったくしてない。絶対に気持ちでも負けない。キツイことやるよ、最初から、そういう気持ちでいる」と熱く燃える胸中を口にした。

朝倉が一本勝ちすれば、2015年12月に行われた「THE OUTSIDER」で樋口武大にリアネイキッドチョークを極めて以来、約8年半ぶりのこと。改めて「負けたら必ず引退」を宣言して臨む平本戦では、長い格闘技キャリアで培った“集大成”を見ることができそうだ。

Advertisement


◆朝倉未来、平本蓮、鈴木千裕らRIZIN勢は現在何位? 【最新世界フェザー級ランキング】

◆朝倉未来、「テイクダウン能力、極めの強さとか強くなってる」と“総合力”に自信 平本蓮戦は「バチバチの試合にする」

◆「覚悟を決めれば展開が変わる」金原正徳、朝倉未来と平本蓮の一戦を大胆予想 「どちらかがリスクを負わないと……」